トップ | puarts.com
メモ  |  制作記  |  開発記  |  日常の記録  |  デジタルコンテンツ制作  |  ファイアーエムブレム  |  ゲーム  |  C/C++  |  C#  |  PC/ソフトウェア  |  Web 開発  |  スクリプト言語  |  その他プログラミング  |  
「vi」に関連する記事一覧

0  

vi ctags 関数定義場所へのジャンプ

2009/10/27

ctagsコマンドを使ってタグファイルを生成し、vi等のテキストエディタでソースコードを開いて、その中で使用されている関数名の上でCtrl+]を押すと、その関数の定義されている場所までジャンプできるようになります。
そして、Ctrl+tで元の場所に戻ることができます。

非常に便利ですので、知っていると知っていないとでは作業効率が大幅に違います。
特に他人の書いたプログラムを解析している時なんかは絶大な威力を発揮します。
関数の定義されている場所を人力で探すなんて面倒でやってられないですね。

シェルでのタグの生成方法は次のようになります。

カレントディレクトリのすべてのファイルのタグを生成したいときは

ctags *

cppファイルだけにタグを生成したいときは

ctags *.cpp

というようにします。
また、解析対象のディレクトリを指定することもできます。

ctags -f [タグファイルの指定] -r [解析対象のディレクトリ]

-rオプションでは指定ディレクトリ以下のディレクトリすべてが解析対象になります。

0  

にほんブログ村 ゲームブログ ファイアーエムブレムへ にほんブログ村 デザインブログ コンピュータグラフィックスへ

0.0238 sec

Copyright(C)2006-2018 wsp All Rights Reserved