[FEH]エイトリの正体に関する情報まとめ

2021/12/04

記事のタイトル画像

FEHストーリー第5部で登場したエイトリは背景設定が少し複雑です。この記事では第5部終了時点で明かされているエイトリの正体、本当の性別、本当の名前などについての情報を整理してまとめます。この記事の内容には推測も含まれています。


エイトリは何者だったのか?

エイトリの正体はストーリー第5部13章5節でエイトリ自身から語られています。

  • エイトリはもともと数千年前に建国王ニザヴェリルに仕えていた人間
  • 竜の力を少し分けてもらった事で肉体の寿命が近づくと魂だけ他の肉体に移ることができるようになった
  • これによって既に数千年の間、様々な偉人として生きて、ニザヴェリルを見守り発展させてきた

また、その目的は13章5節や Book V Ending Movie で語られています。

  • 建国王ニザヴェリルは唯一エイトリを認めた人物だった
  • 若くして病に倒れたニザヴェリル王の代わりに、エイトリはニザヴェリルの遺した国を永遠に守り続けるつもりだった

エイトリの現在の姿の性別は?

エイトリの現在の姿の性別は女性です。

念のためカスタマーサポートに問い合わせて確認しました。

また、英雄紹介の「シャロンが語る」ではエイトリは「彼女」と表記されていますし、ストーリー上でもシャロンが「女の子」と発言しています。

https://guide.fire-emblem-heroes.com/00005009000736-2/

ストーリー10章5節でエイトリがファフニールに対して「お前を召喚した男は私だよ」と発言したことから、一時期エイトリが男だったと噂されましたが、これはエイトリが肉体を移り変えて生きてきた背景から、ファフニールを召喚したとき、エイトリは女児の姿ではなく、男の肉体に移っていたのだと推測できます。

建国王ニザヴェリルの性別は?

建国王ニザヴェリルの性別は男性です。

根拠は以下です。

  • Book V Ending Movie でエイトリが建国王ニザヴェリルの事を「彼」と呼んでいる
  • 英語版の13章5節で建国王ニザヴェリルが「him」や「his」で表現されている

エイトリの本当の性別は?

エイトリの本当の性別は不明ですが、女性であると推測します。

カスタマーサポートへの問い合わせでは本当の性別は教えてもらえませんでした。

そして、イラスト担当のコザキユースケさんのツイートによると、当初は ”「ものすごい長く生きてきた性別不明の霊」が宿ってるという顔つきをしている" という依頼だったようです。


つまり、公式としては性別不明という扱いにしているようです。

しかし、13章5節でエイトリは「この国は私とあの人が共に築いた子供のようなもの」と発言しています。

また英語版では国のことを「It was our child」と発言しています。

ニザヴェリル建国王(男性)との間に産まれた子供のような大切な存在、というようなニュアンスが感じられます。まるでエイトリがニザヴェリル王を愛していて、母性のある女性のように思えるセリフです。

また、同じ章でエイトリは死に際に「ああ...あなた...こうして見ると......よく......似て................」と発言しています。

これはレギンがニザヴェリル王に似ていると言っていると思われます。ここで「あなた」がレギンの事を指しているとすると、「ああ、レギン、こうして見るとニザヴェリル王によく似ている」と解釈できますし、「あなた」がニザヴェリル王を指しているとすると、「ああ、ニザヴェリル王、こうしてレギンを見るとあなたによく似ている」と解釈できます。前者の場合、レギンを「あなた」と呼ぶ呼び方が、母が子を呼ぶような女性的な呼び方に聞こえます。後者の場合、ニザヴェリル王を「あなた」と呼ぶのは女性が夫を呼ぶような言い方です。いずれも女性的なセリフに思えます。

追記: このシーンでレギンを「あなた」と呼んでいるのは目上の者に対する敬称である線が強いとご指摘いただきました。根拠は3章5節でファフニールに対しても「あなたの行いは目に余る」と言っており、かつ、4章2節でレギンの事を「君」と呼んでいたり、6章2節、5節でオッテルや召喚師を「君」と呼んでおり、これらの事からレギンが正当な王族である事が分かった事でレギンを「あなた」と呼ぶようになったと考えられるからです。
また、英語版の13章5節ではエイトリは死に際に「You do look...just like him...」と言っていることから、日本語版の「あなた」はレギンを指していると推測できます。
よって、このセリフの「あなた」はレギンという正当な王族への敬称としての呼び方である可能性が高く、性別を推測する材料としては不適切でした。

決定的な根拠はないので断定はできませんが、これらのセリフからエイトリの本当の性別は女性であると推測します。

「エイトリ」は本当の名前なのか?

「エイトリ」は本当の名前ではありませんが、ストーリー上に矛盾するセリフが存在します

「エイトリ」が本当の名前ではない事はカスタマーサポートに問い合わせて確認しました。

ストーリー上でも13章5節でエイトリが以下のように発言しています。

ニザヴェリルの偉人たちの名を挙げて、それは全て自分であると言っています。つまり、魂を新しい肉体に移す度に名前を変えていた事になるので「エイトリ」も移った器としての肉体の名前であり、本当の名前ではない事が予想できます。

しかし、13章1節にこれに矛盾するロキの発言があります。

もともと女児ではなかった「エイトリ」がしばらく見ないうちに女児になったと解釈できます。つまり、この場面では「エイトリ」がまるで本当の名前であるかのように使われており、「エイトリ」が現在の肉体である女児の名前であるとすると、矛盾した発言となっています。

考えられるとしたら、「エイトリ」という同じ名前で2回以上肉体を移り変えたというくらいですが、少々無理のある設定のようにも感じます。

この矛盾についてはストーリーの設定の詰めの甘さが現れてしまったのか、何か明かされていない特別な理由があるのか真相は不明です。

まとめ

要点を箇条書きでまとめます。

  • エイトリはもともと建国王ニザヴェリル(男性)に仕えていた人間
  • もともとの性別は不明だが、女性であったと推測する
  • 竜の力を借りて数千年の間、肉体を入れ替えて生きてきた
  • 肉体を変わる毎に名前も変えており、もともとの名前はエイトリではない
  • しかし、13章1節に本当の名前がエイトリであるかのようなロキの矛盾する発言がある

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「FEH研究所」の記事一覧に戻る

コメント(1 件)


1:
2022-01-25 19:02

お問い合わせブレムまでしてエイトリの謎を解明しようとする姿勢に脱帽いたします
FEHのストーリーはテキスト量が少なかったりで詰めが甘いものも多いですが
大枠では好きな話が多いのでこれからも力を入れていってほしいですねー

関連記事

人気記事