[FEH]ウマ娘を遊んで感じたFEHの良い所

2022/01/03

ウマ娘を半年ほど遊んで改めて感じたFEHの良い点がいくつかあったので、この記事ではそれらについて書きます。


注意点

最初に注意点ですが、この記事はウマ娘を批判する意図は一切ありません。ウマ娘にはFEHにない素晴らしい点がたくさんあり、私自身もウマ娘を遊んでFEHではできない体験を楽しませていただきました。

この記事ではあくまで「ウマ娘を遊んで改めて気づいたFEHの良い点」というテーマで書いているので、ウマ娘の良い点には触れていません。むしろ、FEHの良い点の比較対象としてウマ娘について触れているので、ウマ娘についてのネガティブな内容が含まれます。ウマ娘が好きな方にとっては気分の良い内容ではないと思いますので、そういう方は読まない事をお勧めします。

また、私はウマ娘は無課金で半年ほど遊んだだけですので、課金者の視点に立って比較することはできません。あくまでFEHを微課金で遊びつつ、ウマ娘を無課金で遊んだ個人の視点で思った事を書いていますので、その辺を理解した上で読んでいただけたらと思います。

アプリ容量が小さい

以下は私のストレージのウマ娘とFEHの容量です。

2022/01/01時点で、リリース1年目のウマ娘の容量が8.6GBであるのに対して、リリースからもうすぐ5年経とうとしているFEHは2.73GBでした。FEHは推奨版の容量なので、軽量版にすると更に小さくなります。実際に確認してみたところ、半分の1.3GB程度になりました。驚くべき小ささ。

FEHは2D、ウマ娘は3Dのゲームなので容量に差があるのは当然ではあるんですが、ウマ娘を一定期間休止していた時、いざ再開しようと思ったら1.5GBのデータのダウンロードを要求されて、再開する気が薄れてしまった事があります。スマホの容量自体は時代と共に大きくなってきてはいますが、未だに写真や動画などで容量が圧迫されて足りなくなることもあるので、容量の小ささは個人的には重視しています。品質と容量は相反する性質がありますが、FEHは軽量版、推奨版、高品質版の3つが用意することで、うまく個々によって異なる需要に答えています。

また、FEHでは海外でも配信していますが、通信環境が日本よりも悪い地域、通信費用が高い地域では日本よりももっとサイズの小ささは重要になります。FEHがサイズに配慮しているのは、海外版があるからというのが大きいのかもしれません。

通信待ち時間が短い

アプリの容量が小さいことも関係していると思いますが、FEHのゲーム中の通信待ち時間はほとんど感じる事はないです。

ウマ娘はデータ管理のオプションで事前に全てのデータをダウンロードしておくことが可能ですが、デフォルトでは必要に応じてデータをダウンロードする設定になっています。以下のようなダウンロード画面が度々出現して少し待たされます。

1回の待ち時間は決して長くはないので全然許容範囲ではあるのですが、頻繁にこの待ちが発生するので、FEHと比べてしまうとロードが長く感じてしまいます。かと言って、元々のアプリサイズが大きいので、設定を変更して事前に全てのデータをダウンロードしておく気にもなりません。

FEHの通信待ち時間の短さは事前に全てのデータをダウンロードしておけるくらいアプリ容量が小さい事で実現できているので、容量が小さいということがどれだけ操作感の向上に貢献してくれているかを実感します。FEHの通信待ち時間の短さは当たり前になりすぎていて気づきにくいですが、他のゲームをプレイしてみるとそれが当たり前じゃないという事に気づけました。

好きな時だけ手軽に遊べる

ウマ娘を遊んでFEHがいかに時間が拘束されないか、手軽であるかが分かりました。

ウマ娘はキャラ育成の周回をする事を前提としたゲームです。育成は私がやると1回30分くらいかかります。途中で中断は可能ですが、デイリー報酬を貰うためには1日でやらないといけないので中断機能は使いませんでした。

育成自体は遊びとしてよくできていてとても面白いです。最初の頃は楽しくて何周もしていました。しかし、日に日に作業に感じてきて、1回30分拘束されるだけでもしんどくなってきました。その辺からスタミナ溢れは気にせず、1日1回だけ育成することを目標に遊んでいました。

イベントではイベント限定のサポートカードを完凸分報酬で貰えるんですが、1日1回の育成では全部獲得できないので、イベントがあるといつもよりも多く育成を周回しないといけなくて憂鬱になっていました。半年ほど経って1日1回の育成が苦痛に感じてきた時、長期間貯めたジュエルをつぎ込んだガチャで思ったような結果が出ず、一気にやる気がなくなってしまいました。

というような感じで、ウマ娘の育成は作りこまれていて面白いものの、その反面、とても時間が拘束されて、私には続かなかったです。

それに比べると、FEHの周回コンテンツはおまかせだけで十分周回できるのでとても楽です。デイリーでやらなければならない事はこれと言って特にないです。デイリー報酬はありますが無視できるレベルの内容です。

闘技場は気が向いた時だけやればいいし、飛空城もおまかせ派遣があるので、手動プレイしなくてもそこそこの報酬は貰えます。やりたい時だけ手動でやればいいです。

ウマ娘も育成の自動周回機能があればまだモチベが継続できたかもしれません。育成が面倒で報酬を逃しまくると、段々報酬自体がどうでもよくなってしまいます。

とは言え、FEHは最初からこんなに楽だったわけではないです。1年目の戦渦の連戦は全報酬を獲得しようとすると今とは比べ物にならないくらい時間を拘束されて地獄だった覚えがあります。飛空城も初期の頃は2倍攻撃もなかったので、今の倍プレイしないといけなくて真剣にやっていた当時は相当しんどかった覚えがあります。そこから長い時間かけて徐々に改善された結果、今のように時間が拘束されないゲームになりました。

ウマ娘も私のように育成がきつくてやめてしまう人は多いと聞くので、運営がそれを問題として認識すれば今後改善されていくかもしれませんね。

配布オーブの供給が安定して多く、入手も簡単

[FEH]ガチャ単価や排出率を他のスマホゲーと比較してみた の記事でも他のゲームとのガチャ石の配布量について比較していますが、FEHは他のゲームより無料でガチャを引ける回数が多めで、かつ、毎月安定した量が配布されます。大体月に300オーブくらい(2万円分くらい)配布されています。他のゲームでは月によって配布石の数が大きく変動するのでガチャ計画が立てにくいですが、FEHは安定した供給のおかげで将来入手できるオーブ数が見積もりやすく、非常に計画が立てやすいです。例えば、しばらくガチャを我慢すれば次の新英雄召喚で天井分のオーブ貯まっているはずだから、今回の伝承ガチャは見送ろうというような感じです。

先日のアップデートでフェーパス限定で復刻以外のすべてのガチャで40回確定召喚が設けられました。これだけあれば少額の課金で毎月欲しいキャラを2体程度なら計画的に入手することができます。フェーパスに加入しない完全無課金であっても運次第にはなりますが毎月1~2体程度は欲しいキャラを入手できます。

また、配布オーブを獲得するミッション等も簡単で時間が拘束されないものが多いので、その辺もありがたいです。

ウマ娘も配布石の量は決して少なくは感じないのですが、ミッションをこなすのに時間を拘束される育成を要求されて、あまり多くの時間をかけられない人間には全部の配布石の入手は難しいです。それに加え、ガチャでは最高レアリティやピックアップ排出率が低く、天井もかなり高く設定されていて、簡単には欲しいサポカもキャラも出ないです。育成を楽しむにはある程度課金することを前提としている印象は受けました。

ガチャで最高レアリティが出やすい

[FEH]ガチャ単価や排出率を他のスマホゲーと比較してみた の記事でも書いたようにウマ娘のガチャはかなり渋く設定されています。最高レアリティの排出率はFEHでは★4特別チャンスを含めると9%、含めないと6%となり、排出率も上昇していくし、何より色を選択できるため、欲しいキャラを獲得できる確率が大きく上がります。それに対してウマ娘は完全ランダムで3%固定です。

ウマ娘で私は4ヵ月ほど貯め続けた配布ジュエルをあるガチャで一気に突っ込んだのですが、1天上までしかガチャを回せず、そしてピックアップも1体のみ、すり抜けの最高レアリティも2体しか出ず。あまりの渋さに一気にモチベが下がりました。ウマ娘のガチャは課金前提になっていて、無課金でやるならリセマラ必須だと感じました。もちろん私はリセマラしてなくて手遅れでした。

FEHももちろん出ない時は全然出ないんですが、以下の仕様のおかげで★5獲得、ピックアップ獲得の期待値がかなり上がっています。

  • 5個の召喚石から好きな色だけを選べる(PUのない色を避けることで期待値が上がる)
  • ★5が出ない場合の確率上昇
  • ★4特別チャンス
  • すり抜け時の確率上昇リセットの軽減

感覚的な話だと、FEHでは40連で★5が0体はかなり運が悪いと感じますが、ウマ娘では40連なんて何も出ないだろうなぁ、出たらラッキーだなぁという感覚になります。

ガチャに初回無料がある

FEHでは全てのガチャを1回だけ無料で引ける初回無料召喚の仕様があって、これはかなりありがたいんだなと実感しました。

ウマ娘で貯めジュエルしている時はガチャを引けないので、同じサポカでずっとやらなければいけなくて、かつ、育成時間を節約するために育成に時間のかからないキャラだけを選ぶようになってしまったので、毎回同じようなことの繰り返しでただの作業と化していました。

FEHは貯めオーブしている時でも初回無料のおかげで定期的にガチャを回せます。しかも、★5確率が最低6%、★4特別チャンス含めると最低9%なので、そこそこ最初の1回で☆5が出ます。初回無料を引くときに「★5出ろ!」と念じるくらいには希望があります。オーブを使っていなくても新しいキャラが入手できたりして、ガチャ禁していてる間も新しいキャラでゲームを楽しむ事ができたりします。

それと定期的に開催される復刻ガチャでも無料で1回引けて、かつ、新英雄召喚やその復刻だと無料召喚チケットも4枚配られるのでオーブを一切使わなくても月に20回くらいはガチャが引けます。これだけ引けるなら無料召喚で★5がそこそこ出るのも頷けますね。

ウマ娘にも初回無料の仕様があれば、長い間ガチャ禁していた私のようなプレイヤーでももっと楽しめたかもしれません。

天井が低い

ウマ娘とFEHの天井の高さを比べると段違いです。FEHでは40連で天上なのに対して、ウマ娘は200連必要です。オーブに換算すると、FEHの天井は初回無料を引いて155オーブに対して、ウマ娘の200連に必要な30000ジュエルはFEHのオーブに換算すると900オーブ弱になります。

FEHは最近のアップデートで新しい英雄が排出されるガチャ全てに1回のみ天井がつきました。超英雄や伝承神階英雄については月額950円のフェーパスに加入していることが条件にはなりますが、40回の召喚、オーブにすると最低155オーブで好きなキャラを1体は確保できるようになりました。凸仕様がゲームごとに異なるのでウマ娘と単純には比較できませんが、ウマ娘の天井900オーブ弱と比べるとかなり良心的に感じます。それに加えて配布オーブ数も月に300オーブ程度は配られるので、月に2回分くらいは天井まで配布オーブのみで回せます。

もちろんFEHの天井は1回のみなので、一気に10凸しようとすれば、また温度感は変わってきます。ガチャ1回分のオーブの単価は他のアプリと比べて特別安い訳ではないです。同等、もしくは少しだけ安い程度です。FEHも有償オーブはソシャゲ価格なので有償オーブで10凸する場合は、決して良心的とは言えないです。その辺りは誤解ないよう注意してください。

ウマ娘は複数回の天井が可能ですが、相当課金しないと1つのガチャで複数回天井なんてたどり着けないので、無課金で遊ぶ場合は実質意味がないです。

ちなみにFEHにも120連で★5が出なかったら次の召喚では★5率が100%になるという天井が初期からありますが、これは現実的には起こり得ないほど低い確率でしか辿り着かない天井なので、実質存在しないようなものです。そういう意味では初期から現実的にたどり着ける天井が用意されているウマ娘はFEHに比べたら良心的なのかもしれません。

無課金でも十分楽しめる

ウマ娘ではステータスの高いウマ娘を育成するためにサポカの凸が必須です。ステータスの高さは単なる強さというだけではなく、競技場のスコアに直結します。サポカを凸したり、色々なサポカを入手することで育成時のステータスを上げる事ができます。

FEHでは凸よりもスキル継承の方が強さへの影響が大きいです。飛空城や闘技場など一部のコンテンツでは凸数がスコアに直結する仕様がありますが、それを除けば、凸をしていようがしていまいがバトルで勝てば勝ちです。よって、闘技場や飛空城で上位を維持し続けることさえ目指さなければ、1体確保するだけでも十分楽しめます。闘技場や飛空城でずっと上位を維持し続けるのは無課金では厳しいと思いますが、配布キャラや配布オーブを闘技場や飛空城のスコアのためだけに投資するならランキングでもそれなりの成績を残すことができます。

ウマ娘は新しいキャラやサポートカードを引かないと育成自体がマンネリ化して作業になってしまいます。そしてガチャが渋いので、課金しないと中々新しい最高レアリティのサポートカードを入手できないです。つまり、私のような無課金ではずっと同じようなサポカで育成を続けなければいけなくて、マンネリ化して中々育成を楽しむことができなくなっていきます。もちろん、ガチャは運で結果が大きく変わるので、運よく配布ジュエルで狙ったサポカを引けている人達や、育成とは別の部分に楽しみを見いだせている人は無課金でも楽しめているとは思います。

FEHでは目的を決めて適度に遊ぶなら無理して10凸する必要はないし、全てのキャラを獲得する必要もないです。

以下は以前Twitter上で取ったアンケートです。

このアンケート結果からは、10凸の必要がない、もしくは推しのために10凸が必要だと思っている人は多い反面、攻略や闘技場スコア等のために10凸を必要と感じている人は少ない事がわかりました。推しだけを10凸する、各ガチャで欲しいキャラだけ確保して新キャラの性能を堪能して楽しむだけならフェーパス課金だけでも計画的に遊べば十分達成できると思います。

FEHの運営側も最近はフェーパスのサービス内容を充実させてサブスクをメインの収入源にて、一部の廃課金に売上の大部分を依存する構造から、広く浅く集金する構造に変化させ、売上の安定化を計っているように見えます。今後もそのような方針に寄せていくということであれば、より一層微課金で遊びやすい環境になっていくと思われます。

無課金と微課金の格差は多少開いていく事になり、一部のプレイヤーからはそれを危惧する声もありますが、それでも十分無課金で遊べる配布オーブやガチャ仕様になっているので、個人的には特に問題ないと思っています。

最後に

FEHで改めて良いと感じた点についていくつか書きましたが、FEHも最初からこのような良心的な仕様だった訳ではありません。5年近くの長い時間をかけて少しずつ改善されていって今の形になっています。

それに対してウマ娘はまだリリースして1年も経っていないので、細かい部分について遊びにくさがあるのは当然のことであります。FEHも1年目は問題だらけでした。むしろ、ウマ娘は育成ゲームとしてはとてもよくできていて、かつ、今の課金前提の仕様でもかなりの売上が出ていることから、私が挙げたような無課金視点での遊びづらさについては問題として顕在化していないとも言えます。私のようなプレイヤーはマイノリティであるかもしれないので、そう考えたら今後も今のような仕様のままでいいのかもしれません。

もともと私がウマ娘を遊んでみたのはアニメが面白くて興味が沸いたのと、単純に流行っていたからだったのですが、他のスマホゲーを遊んでみたことで、自分が普段当たり前だと思っていたことが意外と当たり前ではなかったことに気づかされて、そういう意味でも良い体験だったなと思います。たまには他のゲームに触れてみるのも大事ですね。

その他、FEHの良い点についてはFEHの良い点のアンケート調査結果で閲覧できます。自分以外のプレイヤーがどんなところを良いと思っているのか眺めるだけでも結構面白いので、良かったらこちらのページも併せてご覧ください。


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「FEH研究所」の記事一覧に戻る

コメント(0 件)


関連記事

人気記事