[FEH]第6回英雄総選挙結果の分析と考察

2022/02/11
(この記事の文字数: 7620)

記事のタイトル画像

第6回英雄総選挙結果を集計したので、簡単な考察と共にまとめておきます。

この記事の内容を動画でご覧になりたい方はこちらの動画をどうぞ。


投票数の全体的な推移

総投票数は 611,693 票でした。前回の第5回の 692,387 票から約9万票減りました。昨年大きく減ってしまったのは投票権をニンテンドーアカウントのみに限定した影響が大きいですが、今年は特に大きな仕様変更はなかったにも関わらず、更に減りました。

第1回から第6回までのシリーズ毎の投票数の推移は以下のグラフのようになりました。

実際よりも総投票数が少し多いのは、同一キャラで複数シリーズに登場するキャラの1票を各登場シリーズに加算しているためです。例えば、蒼炎と暁の両方に登場するキャラへの1票を蒼炎に1票、暁に1票とカウントしています。

第5回と第6回の票数に注目してみます。

このグラフからは風花雪月票の大きな減少と覚醒票の大きな増加が確認できます。次の項目でこれらについて詳しく見ていきます。

風花雪月票が大きく減少

以下は第6回英雄総選挙の各シリーズの総投票数を円グラフにしたものです。

1位の風花雪月と2位の覚醒がほぼ並んでいて、そこから大きく離れて if が3位となっていることが分かります。

第5回では風花雪月が2位の覚醒に18万票ほどの大差をつけて1位でした。

更に遡って第4回では、1位の風花雪月が2位の覚醒に40万票ほどの圧倒的な差をつけて1位でした。

第4回、第5回の投票数を見ると、これまで風花雪月の票数が異常だったことが分かります。ある意味、ようやくニュートラルになってきたとも言えるでしょう。

風花雪月の票は第5回から第6回で、およそ 11 万票ほど減った事になります。風花雪月は第4回から第5回の時も22 万票ほど減っています。今回もその流れに沿うような形でガクッと減りました。逆に言うと、風花雪月以外は大きな変化がありません。

風花雪月だけが大きく減ってきているのは以下のような理由が考えられます。

  • 2021年に風花雪月キャラが著しく多く実装されたため、風花雪月への票を避ける人が増えた
  • 第4回、第5回、共に風花雪月から人気キャラクターが実装されたことで満足した人が投票しなくなった
  • 発売から時間が経ち、新作としての熱が冷めてきた

以下は第5回から第6回になった時に票が減少したキャラクターランキングです。

順位 名前 票の減少数
1 ドゥドゥー の画像
ドゥドゥー
(風花雪月)
-6012
2 ベレス の画像
ベレス
(風花雪月)
-5109
3 ヘンリエッテ の画像
ヘンリエッテ
(ヒーローズ)
-4367
4 ルーテ の画像
ルーテ
(聖魔の光石)
-2770
5 アッシュ の画像
アッシュ
(風花雪月)
-2451
6 ベレト の画像
ベレト
(風花雪月)
-2426
7 プルメリア の画像
プルメリア
(ヒーローズ)
-2225
8 レア の画像
レア
(風花雪月)
-2203
9 コンスタンツェ の画像
コンスタンツェ
(風花雪月)
-2046
10 ユーリス の画像
ユーリス
(風花雪月)
-1983

風花雪月のキャラが大量にランクインしています。なんと票数が減少したキャラトップ10のうち7人が風花雪月キャラになります。

特にベレスは、票の減少数がトップクラスになった今回、女性2位となってしまい、来年からは投票候補から除外される事となります。全力を出し切れなかった試合が引退試合となってしまったような何とも言えない感じがあります。

この中でドゥドゥー、ヘンリエッテ、アッシュ、コンスタンツェ、ユーリスは去年の総選挙の段階だと未実装だったため、去年は実装願望から票数が多かったのだと思われます。その後に実装されたので、実装願望が叶って今年は投票数が落ちたのだと推測します。

また、ベレス、ルーテは2021年12月に実装されたばかりです。ベレト、レアも伝承ベレト、ハロウィンレアが2021年に実装されています。プルメリアも水着シーダの双界ペアとして実装されています。昨年実装されたにも関わらず、票数が伸びているキャラも一部いますが、全体としては直近実装されたキャラは票数が落ちやすい傾向があるように見えます。

昨年は1年を通して風花雪月キャラの実装が著しく多かったので、風花雪月票の大きく減少したのも納得が行きます。新作としての熱が冷めてきたのもあるとは思いますが、やはり直近の実装状況の影響が大きいような気がします。

伝承ベレスの実装が1ヵ月ずれていたら、また結果は変わっていたかもしれませんね。

ベレス、ベレトは海外で人気が低い?

以下は総選挙2日目にTwitter上の投票を海外勢が集計したものです。

女性上位の票数(ソース)


合計 日本票 海外票
ベレス
222 199 23
ベルナデッタ 151 111 40
大人チキ 139 55 84
ヒルダ 136 105 31
カムイ女 121 92 29
アクア 86 44 42
ルフレ女 84 52 32
ドロテア 42 15 27

男性上位の票数(ソース)


合計 日本票 海外票
クロム 494 278 216
ベレト 256 240 16
フェリクス 241 201 40
セネリオ 181 117 64
セリス 181 108 73
ユーリス 139 111 28
ルフレ男 136 108 28
シグルド 64 47 17

これらの表のベレス、ベレトの日本票、海外票の内訳に注目すると、ベレス、ベレト共に海外票が圧倒的に少ない事が分かります。Twitter外の票は不明ですが、仮にTwitterをやっているエクラに日本人が多いと仮定しても、他のキャラに比べて相対的にベレス、ベレトの海外票が少ないです。

ベレス、ベレトは海外では不人気なのでしょうか?

海外ではマイユニットが不人気という話があります。自分の分身が実装されるのが気持ち悪いとかなんとか。この表ではルフレやカムイの海外票もベレスと同様に低いです。公式TwitterのリプライやRedditを見てみると、確かにベレスに投票しないことを促すようなコメントはちらほらありました。ただ、ベレスが好きだというコメントもありますし、カムイやルフレに投票を促すコメントもあります。極端にマイユニットを嫌うコメントが多い訳ではないですし、これだけ見ると結局人によるのかなという印象です。

その他に考えられることとしては、ベレトは英語版の声優が暴行やハラスメントを行っていた事が問題となり、途中で声優が変更になる出来事がありました。その出来事が影響して投票を避けている人が英語圏に多いのかもしれません。

覚醒票が大きく増加

風花雪月の大きな減少に対して、覚醒は大きく票が伸び、これまで圧倒的な大差をつけられていた風花雪月の票に並ぶほどになりました。具体的には、 83,228 票 から 134,518 票へ、約 5 万票ほど増えた事になります。

覚醒チキの票数の伸び方が異常

特に覚醒チキの票数の伸び方は異常で、第5回から第6回で3万6千票ほど増えています。

覚醒全体で増えた票数は5万票ほどであるため、覚醒の増加分の大部分をチキの増加分の票が占めていることになります。

以下は第5回から第6回にかけて、票数の増加数が多かったキャラクタートップ10です。


順位 名前 票の増加数
1 チキ の画像
チキ
(覚醒)
36154
2 セリス の画像
セリス
(聖戦の系譜)
19868
3 セネリオ の画像
セネリオ
(蒼炎の軌跡/暁の女神)
11587
4 フェリクス の画像
フェリクス
(風花雪月)
8331
5 ベルナデッタ の画像
ベルナデッタ
(風花雪月)
7054
6 クロム の画像
クロム
(覚醒)
6324
7 ヒルダ の画像
ヒルダ
(風花雪月)
6224
8 カムイ女 の画像
カムイ女
(if)
6073
9 アクア の画像
アクア
(if)
5390
10 ルフレ男 の画像
ルフレ男
(覚醒)
3408

全キャラクターの中で見てもチキの伸び具合が異常であることが分かります。

覚醒キャラの中で、票数が前回から増加しているキャラは41/57人(72%)もいます。全体的に投票数が増加していることから、覚醒内の票がチキに移ったというよりも、前回他のシリーズに投票していた人が今回覚醒に投票したと推測できます。

以下は公式からの途中結果で発表された上位8名のキャラです。

中間発表の上位は風花雪月のキャラが多かったです。昨年目立っていた風花雪月以外のシリーズから総選挙英雄が出てほしいと思う人は少なからずいたようですので、そういった人たちが残りの4名からチキを選んだ可能性があります。また、それまで子供チキに投票していた人たちが、この発表を見て、大人チキに投票先を切り替えたということも考えられます。

覚醒チキは海外で人気?

先ほども示した以下の日本、海外票内訳では覚醒チキの海外票が多かった事が分かります。


合計 日本票 海外票
大人チキ 139 55 84
アクア 86 44 42
ベルナデッタ 151 111 40
ルフレ女 84 52 32
ヒルダ 136 105 31
カムイ女 121 92 29
ドロテア 42 15 27
ベレス 222 199 23

あくまでTwitter上の統計ですので、参考程度のものではありますが、全体としてもこの傾向通りであれば、覚醒チキは海外で人気が高いのかもしれません。

クロムの票数から見える覚醒ファンの団結

以下はクロムのこれまでの投票数の推移です。

以下はクロムの順位の推移です。

クロムは第4回から第5回にかけて2万票ほど一気に投票数が伸びています。第6回では、そのまま更に票を伸ばし、1位を獲得した流れになります。

第5回でクロムの票数が大きく伸びたにも関わらず、覚醒の総投票数は第4回から第5回にかけてあまり変化がありません。

そして、第4回から第5回にかけて票数が増加した覚醒キャラはなんとクロム、チキ、フィレインの3人だけです。覚醒の総票数は変わらないのに、この3人を除く54/57人は票数が減っているということです。

つまり、第4回に覚醒内でばらけていた票が第5回で一気にクロムに集中した事になります。覚醒ファンが自分の推しよりもクロムを優先して勝たせようとしたような動きが見えてきます。もしかしたら、第4回で風花雪月が圧倒的過ぎたので、それに対抗すべく、シリーズ内の人気の高いキャラに票を集める動きが発生したのかもしれません。

クロムは今回、その勢いを更に伸ばし、圧倒的な票数で見事トップになりました。

また、Twitter上の男性キャラ上位の票数内訳を見ると、クロムは日本でも海外でも高い票数を獲得していたことが分かります。


合計 日本票 海外票
クロム 494 278 216
ベレト 256 240 16
フェリクス 241 201 40
セネリオ 181 117 64
セリス 181 108 73
ユーリス 139 111 28
ルフレ男 136 108 28
シグルド 64 47 17

これらの結果から、クロムは日本でも海外でも支持が高く、クロム1位は多くの人が納得する順当な結果だったのではないでしょうか。

聖戦ファン増加中か?セリスの票が爆増

もう一つ特筆すべき点は聖戦の票が第5回の30993票から52210票へと大きく増えた点です。

そして、セリスの票数も第5回から第6回にかけて約2万票増えています。

つまり、聖戦の票の増加分とセリスの票の増加分がほとんど同じという事になります。セリスの約2万6千票だけで、聖戦の系譜の総投票数5万2千票の約50%もの割合を占めています。

聖戦の内部で票数が動いたというよりも、聖戦外に投票していた人達が第6回で聖戦、主にセリスに投票したことになります。

セリスにこれだけ票が集まったのはなぜでしょうか。

まず、単純に途中結果で発表された上位8名の中でクロムに次いで人気が高かった可能性が考えられます。

途中結果発表後はその中から投票先を選ぶ人も多いと思いますので、ここでセリスに票が偏った可能性があります。特にチキのところでも書きましたが、風花雪月は昨年目立っていたので、敢えて投票先として除外する人もいたようです。

次に、聖戦の系譜が昨年のNintendo Switch Onlineで遊べるスーパーファミコンのバーチャルコンソールで配信されました。その影響で聖戦の系譜への関心が高まって、主人公であるセリスやシグルドに投票数が集まった可能性があります。

また、伝承シグルドが環境トップ級の強さであったのに対して、伝承セリスは性能面で不遇という声がありました。総選挙セリスとして人権キャラになってほしい思う人が多くて、セリスに票が集中したのかもしれません。

Twitter票の日本、海外の内訳を見ると、セリスの海外票も2位でかなり高い事が分かります。


合計 日本票 海外票
クロム 494 278 216
セリス 181 108 73
セネリオ 181 117 64
フェリクス 241 201 40
ユーリス 139 111 28
ルフレ男 136 108 28
シグルド 64 47 17
ベレト 256 240 16

聖戦の系譜は海外で発売していないですし、Switch Online でも配信されていません。それにも関わらず、聖戦の系譜のキャラクターが海外で票を集めているのは興味深いです。

もしかしたら、聖戦の海外版も配信してほしいという願望から海外票が集まったのかもしれません。

来年の第7回英雄総選挙でトップ争いに加わりそうなキャラは?

女性キャラ

以下は第6回の女性キャラのトップ3~8の票数と票の増加量です。

シリーズ内順位 総合順位 男女別順位 名前 投票数
2 5
(+3)
3
(+1)
ベルナデッタ の画像
ベルナデッタ
19335
(+7054)
1 8
(+3)
4
(+1)
カムイ女 の画像
カムイ女
14673
(+6073)
4 9
(+5)
5
(+1)
ヒルダ の画像
ヒルダ
13205
(+6224)
2 11
(+10)
6
(+3)
アクア の画像
アクア
10260
(+5390)
4 13
(+5)
7
(+0)
ルフレ女 の画像
ルフレ女
8737
(+3271)
7 15
(+8)
8
(+3)
ドロテア の画像
ドロテア
7706
(+3012)

女性キャラの上位は全員前回より大きく票数が増回しており、勢いがあります。特にベルナデッタ、カムイ女、ヒルダ、アクアは獲得票数も多い上に増加量も同様に大きいので、この4名は来年の有力なトップ候補となりそうです。

ベルナデッタ の画像カムイ女 の画像ヒルダ の画像アクア の画像

男性キャラ

以下は第6回の男性キャラのトップ3~10の票数と票の増加量です。


シリーズ内順位 総合順位 男女別順位 名前 投票数
3 6
(+3)
3
(+2)
フェリクス の画像
フェリクス
19117
(+8331)
1 7
(+10)
4
(+7)
セネリオ の画像
セネリオ
17416
(+11587)
3 10
(+2)
5
(+2)
ルフレ男 の画像
ルフレ男
11584
(+3408)
5 12
(-5)
6
(-2)
ベレト の画像
ベレト
10102
(-2426)
6 14
(-4)
7
(-1)
ユーリス の画像
ユーリス
7869
(-1983)
2 16
(+13)
8
(+7)
シグルド の画像
シグルド
5121
(+1526)

フェリクス、セネリオ、ルフレ男は投票数が多く、かつ、増加量も多いので、来年の有力なトップ候補です。

フェリクス の画像セネリオ の画像ルフレ男 の画像

ベレト、ユーリスは投票数は少なくないですが、昨年から獲得票数が減少しており、この流れを覆せるかどうかにかかってきそうです。

ベレト の画像ユーリス の画像

風花雪月無双の発売はどう影響する?

2022/2/10 の Nintendo Direct 2022.2.10 で「ファイアーエムブレム無双 風花雪月」が2022/6/24に発売されることが発表されました。風花雪月本編とは別世界線のストーリーになるようなので個人的には非常に楽しみにしています。特に風花雪月本編の開発もコーエーテクモが担当しているので、クオリティは保証されている安心感があります。

この作品の発売は来年の総選挙にどう影響するでしょうか。この作品の主役となりそうな3級長、ベレスは既に総選挙英雄となっており、来年の総選挙からは除外されます。それ以外の風花雪月キャラにどう影響を与えるか。

以下はTwitterで取った「ファイアーエムブレム無双 風花雪月」を購入するかどうかのアンケート結果です。

このアンケート結果から、主に無双 風花雪月を購入するのは風花雪月本編を遊んでいる人になりそうなのが分かります。本編未プレイで買うという人は極少数でした。

もともと本編をやっていた人たちが遊ぶ事を考えると、新しく好きになるキャラができるというよりは、本編で好きだったキャラがもっと好きになる傾向の方が強いように思います。

この作品は本編では実現しそうで実現することがなかったファンの妄想のアレコレを実現してくれるゲームだと思っています。FEではないですが「ゼルダ無双 厄災の黙示録」をプレイしたときはそのような感想を持ちました。

ですので、風花雪月熱が冷めてきた人たちの熱を再燃させ、風花雪月全体の投票率を上げる可能性はありますが、この作品の発売により新しく風花雪月ファンになる人は少数だと思われます。

無双はどこまで風花雪月熱を再燃させられるか。

1点だけ気になるのは、発表されたパッケージイラストや動画にはベレトがいなかった点です。この作品では都合によりベレスしか使えませんなんてことないですよね?本編をベレトで遊んでたので、ベレトで遊びたい民です。

もし万一そうなってしまった場合は、来年の総選挙ではベレト先生にたくさんの同情票が入るかもしれませんね..

完全新作が来たら全てが覆る!

今回のダイレクトでは完全新作の発表はありませんでしたが、今年はまだ始まったばかり、これから新作が発表される可能性もあります。

ちなみに初めて風花雪月が登場した第4回英雄総選挙では、風花雪月以外のシリーズの投票数は全て減少し、風花雪月だけで全体の40%の票を占める異常事態となりました。

もし、来年の総選挙までに完全新作が発売された場合、同様に新作キャラに票が集中することが予想されます。それは嬉しい知らせであると共に、今年総選挙英雄になれなかったキャラクターにとっては総選挙英雄になれる機会を失うことにもなります。

さぁ、完全新作の発表は今年あるのか。楽しみですね。(作ってるよね?)

まとめ

この記事の内容を箇条書きでまとめておきます。

  • 総投票数は昨年から更に大きく減少
  • 特に風花雪月票の減少が著しい
    • 風花雪月票が大きく減少した原因として考えられるものは?
      • 2021年に風花雪月キャラが大量に実装された
      • 風花雪月の人気キャラが第4回、第5回で総選挙英雄として実装された
      • 発売から時間が経ち、新作としての勢いが衰えてきた
    • ベレスは女性2位となったが、票の減少数はトップクラスだった
    • ベレスは海外人気が低い可能性がある
  • 覚醒の票が大きく増加
    • 特にチキの伸び方は異常
    • 覚醒票の推移を見ると覚醒勢が団結してクロムに票を集中させたような動きが見える
    • クロムは日本でも海外でも高い票数、満場一致で1位といった感じ
  • 聖戦の票も大きく増加
    • 特にセリスの伸び方はチキほどではないが異常
    • 聖戦票の50%がセリスという圧倒的セリス人気
    • Switch OnlineのVCで聖戦の系譜が配信された影響?
    • セリスは聖戦未発売、未配信の海外でも高い票を獲得した
  • 来年の総選挙のトップ争い候補
    • 女性
      • ベルナデッタ、カムイ女、ヒルダ、アクア
    • 男性
      • フェリクス、セネリオ、ルフレ男
    • ただし、新作が来たら全てが覆る!

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「FEH研究所」の記事一覧に戻る

<<「FEH研究所」の次の記事

コメント(0 件)


関連記事

人気記事