[FEH]「つながる絆」仕様まとめ

2022/08/12
(この記事の文字数: 2459)

2022/8/12から開催の新イベント「つながる絆」の仕様をまとめます。基本は公式のルール説明を引用しつつ、補足説明を追加しています。


「つながる絆」は、閉ざす神・エンブラに閉鎖された異界へ向かい、他の世界の英雄と協力して各地域を解放するイベントです。開く神・アスクの力で英雄たちと代わる代わる戦い、26個のマップクリアを目指します。

遊び方

エンブラが閉ざした世界「閉鎖地域」に、「つながる絆」専用の絆スタミナを消費して出撃します。
最初に出撃するのは、レベル10のヴァイス・ブレイヴとアシュの4人です。
閉鎖地域にはアスクの魔法陣が置かれており、この上で行動を終了すると、異界の英雄たちと交代して戦うことができます。

交代した英雄はすぐに行動可能です。

交代のルール

交代する英雄の候補には、フレンドの英雄フレンド以外の他プレイヤーの英雄・助っ人に設定している自分の英雄が登場します。
「交代しない」も選択可能ですが、その場合はその時点で行動終了となり、再度行動することはできません。(魔法陣はそのまま残ります)

魔法陣の上で英雄が行動終了したとき、その英雄がそのままレベルが上がった状態で候補に登場し、交代できることがあります。その英雄を選んだ場合は交代したことと扱い、すぐに行動が可能です。

交代候補に出現しない英雄の条件

  • 上記の場合を除き、部隊にいる英雄4人と二つ名名前が同じ英雄は、候補に登場しません。
  • すでに部隊4人の中に自分の英雄がいる場合、他の3人が魔法陣に乗ったときには自分の英雄は候補に登場しません。
  • すでに部隊4人の中に「歌う」「踊る」スキルを装備している英雄がいる場合、候補に「歌う」「踊る」スキルを装備している英雄は登場しません。
  • 適切な候補が見つからない場合、条件に合った英雄が生成されることがあります。

交代英雄に引き継がれる状態

交代後も、以下の状態は引き継がれます。

  • 有利な状態
  • 不利な状態(行動終了までの効果は、交代前の英雄が行動終了した時点で切れる)
  • 奥義発動カウント(交代後の奥義発動カウント最大値より大きい場合は、その最大値になる)
  • 化身状態(交代後に化身可能な英雄の場合のみ)

交代英雄のレベル

交代英雄のレベルがどのように決まるか条件は不明です。実際に遊んでみて、以下のことは分かりました。

  • フレンドや自身の交代英雄の場合、フレンドでない交代英雄よりレベル+2された状態で出現する
  • フレンドでない交代英雄のレベルは現在の編成全体のレベル、最大レベルに影響を受けている
    • 低いレベルのユニットがいると、編成内の最大レベルより低くなる(少しだけ低くなるので、最大レベルの重みが大きいように思える)
    • 編成全体が編成内の最大レベルに近いレベルだと最大レベルより高いユニットが出てくる

英雄のレベル、ステータスについて

交代する英雄のレベルは、挑戦するステージ・クリア状況などによって上がっていきます。40よりも高くなり、最高レベルは99です。スキル限界突破や神竜の花の付与状況は、そのレベルに応じて、元のステータスから以下のように反映されます。

スキル

レベル19以下
  • 習得しているスキルのうちSP150以下で習得可能な武器/奥義スキルと、SP75以下で習得可能なA/B/Cスキルを装備
  • SP75以下で習得可能なA/B/Cスキルに相当する聖印を装備
レベル20~29
  • 習得しているスキルのうちSP250以下で習得可能な武器/奥義スキルと、SP150以下で習得可能なA/B/Cスキルを装備
  • SP150以下で習得可能なA/B/Cスキルに相当する聖印を装備

レベル30以上

  • 英雄が装備している武器/奥義スキルとA/B/Cスキルをそのまま装備
  • 聖印を装備(SPの制限なし)

※ただし武器スキルについては、常に何らかの武器スキルを装備します。

限界突破

レベル39以下

  • 英雄の限界突破数 × 現在のレベル / 40
  • ※小数点以下切り捨て

レベル40以上

  • 英雄の限界突破数をそのまま反映

神竜の花

レベル39以下

  • 神竜の花の使用回数 × 現在のレベル / 40
  • ※小数点以下切り捨て

レベル40以上

  • 神竜の花の使用回数をそのまま反映

レアリティ

レアリティはレベルによって変動せず、常に元の英雄に準じます。

絆スタミナ

出撃に必要な絆スタミナは、1日ごとに上限まで回復します。

また、一部のステージのクリア報酬で手に入る絆の灯火を使って回復することも可能です。

※絆の灯火は入手時の開催期間中のみ使用できます。次回に持ち越すことはできません。

報酬は今後変わる可能性がありますが、第1回開催の報酬だと、1日目は第14地域まで、2日目は第17地域まで、3日目は第20地域まで、4日目で最終マップの第25地域まで解放可能です。

その他の注意事項

  • 比翼・双界スキルは、レベル40以上のときにのみ使用できます。
  • 「つながる絆」では、経験値、SP、英雄値は獲得できません
  • 「つながる絆」では、自分の英雄を含め、ダブルは無効です。

仲間の英雄の派遣

イベントトップの「派遣助っ人設定」から、力を貸しに行く自分の英雄を設定できます。

※設定していない場合、部隊1の左端に編成している英雄が派遣されます。
※フレンドダブル戦とは、それぞれ別の英雄を設定できます。

フェーパス

フェーパス特典の「前のターン開始に戻す」は偶像の天楼と同様に使用できます。

出現する敵

敵には既存の英雄がランダムで出るようですが、偶像の天楼と違って超英雄も出現します。

スキルは戦渦の連戦の敵と同じように、基本はデフォルトスキルが設定されて、デフォルトスキルがない枠にはランダムでスキルが設定されているようです。

報酬

今後変更の可能性もありますが、第1回開催の報酬は以下でした。

1日1回プレイ報酬

開放した地域に応じた成果報酬


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「FEH研究所」の記事一覧に戻る

<<「FEH研究所」の次の記事
「FEH研究所」の前の記事 >>

コメント(0 件)


関連記事

人気記事