トップ | puarts.com
「ブログ開発」に関連する記事一覧

0  

タグクラウドをブログに実装してみる

2018/10/20 22:00

このブログにもタグクラウドを実装してみたくなったので タグ ページに実装してみました。折角ですのでタグクラウドの実装にあたって困ったことなどを書いておこうと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

PHP 5.2 から PHP 7.2 への移行

2018/10/20

このブログ、ずっと PHP バージョン 5.2 のままだったのですが、いい加減に時代に置いて行かれそうなので、ブログの PHP 環境を PHP 5.2 から PHP 7.2 に移行しました。どなたかの役に立つかもしれないので、移行時のメモを残しておきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

PHP ブログ記事からサムネール画像を自動抽出する

2018/10/08 09:00

PHP でブログ記事から記事のサムネール画像を自動抽出できるようになったらサムネール画像登録の手間が省けて楽だなと思い、img タグの src の中身を取得する関数を作ったらうまく自動抽出できるようになったので、ソースコードを載せておきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

PHP ブログの関連記事の表示を高速化

このブログ、sqlite と php で表示しているのですが、関連記事の作成がかなりページ表示時間を遅くしていました。具体的には以下のようにデータベースから読み込んだ全記事を記事同士総当たりでタグ比較していくという我ながら残念な実装でした。(アルゴリズムもタグが一つでも含まれれば関連記事としていて、あまりいいものではないですが、今回はスコープ外ということで)

この実装を改善して成果があったので記録しておきます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

PHP でブログに関連記事機能を追加する

2017/12/03 17:30

このブログ、昔 sqlite と PHP で作ってから、そのままだったのですが、久しぶりに関連記事機能を追加してみました。(個別の記事ページだけに追加)

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

サイト移転ひと段落

2012/05/05
ここ1ヶ月ほど、時間を見つけてはサイトのデザインや機能面を改良していました。

まず、大きな変更点としてレンタルサーバを移動したことがあります。サイト更新の効率を上げるために、Web開発で使用制限の少なく自由度の高いサーバがどうしても必要だったので移動することにしました。

それに連動してドメインもwestsidepure.comからpuarts.comに変更しました。ドメインの変更は本来避けるべきことだとは思うのですが、ドメイン移管手続きがすぐには行えない状況に陥ってしまったので、高いリスクを覚悟に思い切って変更しました。

ブックマークなどしてくださっていた方には本当に申し訳ないです。3ヶ月程度はwestsidepure.comの方のドメインも解約せずに残しておくつもりです。その間にこのサイトに気づいてもらえるといいです。

新しいサイトの機能面ではBlog, Music, Link関係のデータベースマネジメントをJavascriptのみからPHP+SQLiteに完全に移行したので、コンテンツがさらに増えても更新に苦労しない仕組みができ、SEO対策的な問題も解決したので、ひと段落です。

まだProgramやMovieなど前のサイトのコンテンツをすべてこちらに移動はできていないので、今後時間を見つけて移動を完了させたいと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加  

忍者ブログのテンプレートが更新できなくなるバグ

今日、忍者ブログのテンプレートを更新しようとしたらテンプレートが更新できないエラーが起こってしまって、今使っていたテンプレートが使えなくなってしまったので、臨時で昔使っていたテンプレートと差し替えました。

下記がテンプレート更新時に発生したエラーです。

--------------------------------------------------------------
テンプレートの構文エラーです
広告タグエラー:大変恐縮なのですが<!--CM1-->タグを挿入してください。
広告タグエラー:大変恐縮なのですが<!--CM2-->タグを挿入してください。
--------------------------------------------------------------

<!--CM1--> <!--CM2-->のタグはちゃんと挿入していたので解決策がわからなくて困ってしまいました。以前使っていたものも何も編集していない状態でテンプレート更新を行っても同じ現象が出ましたし、試しに下記のような極シンプルなページを作成してみましたが、同じエラーが出てしまいました。

<html>
<header>
</header>
<body>
<!--CM1--> <!--CM2-->
</body>
</html>

新規テンプレート作成から新しいテンプレートを作成して保存しようとしても同様のエラーが出てしまうので、現在、どのようなテンプレートでも同じエラーが出てしまう状態になってしまうと言えると思います。よって、原因はコードにあるのではなく、サーバ側にある可能性が高いです。忍者ツールズの質問掲示板にも同様の症状になってしまった方がいました。

http://csbbs.ninja.co.jp/Thread_View/47734/

時間が経てば直るかもしれないということで、しばらく古いテンプレートで我慢して、時間が経ってからまた試してみようと思います。

以前の忍者ブログは広告が小さいということでデザインを崩さないのでずっと忍者ブログを借りてやっていたのですが、最近大きな広告が強制的に入るようになってしまったり、このような致命的な問題が起こるようでは、ブログの移転を考えざるを得ないですね。

追記 ----------------------------------------------
 その後、掲示板にあるように半日くらいしてからもう一度テンプレート保存を試みたところ、正常にテンプレートが保存できるようになりましたので、ブログのデザインを元に戻しました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加  

Firefoxではうまく動作しないという誤った認識について

2010/07/21

今までFirefoxで私の書いた外部CSSファイルが読み込まれないのはNinja Toolsのサーバ側の問題だと思っていました。

しかし、私が間違っていたことに気がつきました。

単純にタグの書き間違いがあったせいでCSSがちゃんと読み込まれていなかっただけでした。

htmlタグチェッカーを使ったら、タグ打ち間違いが山ほど浮き彫りになりました。
私はテキストエディタのみでサイトを作っていたので、デバッグはブラウザを起動して正常に表示されるかを確認するのみです。

IEはそういう間違いでも表示できるようになっているのが、タグの間違いに気づかない一番の原因です。
間違いを許容してくれることが親切かと思いきや、コードの妥当性を確認するには不向きなブラウザです。

その点、Firefoxは少し間違いがあると正常に表示されなくなります。
IEに比べるとはるかに厳密にコードの妥当性を確認することができます。


IEに関して、確かに世の中にあるWebページの大半は間違ったタグなどが混在しているので、それを許容させるということはすごいことだと思うんですが、許容するからこそ間違いが起こるというのも事実です。

私はIEでは外部CSSの読み込みがうまくいくのに、Firefoxではうまくいかないことから、勝手にサーバ側が悪いんだと思い込んでいました。


実はそういうことはずっと前から知っていたんですが、それでも自分のコードの誤りに気づかずに、最終的にブラウザやサーバのせいにしてしまった自分が情けなく思います。
ちなみに、私の犯した致命的なミスは次のように外部CSSファイルに<style>タグを入れていたことでした。これは不要です。

<style type="text/css">
<!--
CSSの中身
-->
</style>

この状況ではIEでは読み込めるけど、Firefoxでは読み込めない状況が発生します。
しかし、Firefoxの内部に同じCSSを直接記述するとちゃんと動きます。

このことから私の記したCSSの記述は正しい。外部ファイルから読み込むと動作しないのだから、サーバ側が原因でFirefoxで外部CSSが読めないのではないか。

そういう考えをしてしまったのです。

私みたいにテキストエディタで全部書いてる人って、どのくらいいるんでしょうか。
おそらく、そういう人の中には同じような間違った考えを持った人は少なくはないと思います。


Webページの妥当性を評価するためにはコードチェッカを使うことが重要であり、表示・動作確認はなるべく多くのブラウザで行うことが望ましいということです。
少なくともFirefoxでの確認は行うべきです。


それと今までサイトデザインに使用していたフレームもどうしても必要な1ページのみを除き、廃止しました。
理由は非対応ブラウザから見れない、もしくは対応していても挙動が不安定である場合があると言うことと、リンクポピュラリティが低くなってしまっていたということからです。


プログラミングをしていてうまく動作しないとき、すぐに技術のせいにしないで、必ず自分に間違いがあると考えるべきだということは、私が様々な言語で開発をしていて、どの言語でも共通に感じることです。


必ず何か自分が間違いを犯している。


そういう認識を常に強く持つことが、解決への最短の近道のように感じます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  
0  

にほんブログ村 デザインブログ グラフィックアートへ

0.0294 sec

Copyright(C)2006-2018 wsp All Rights Reserved