トップ | puarts.com
メモ  |  制作記  |  開発記  |  日常の記録  |  デジタルコンテンツ制作  |  ファイアーエムブレム  |  ゲーム  |  C/C++  |  C#  |  PC/ソフトウェア  |  Web 開発  |  スクリプト言語  |  その他プログラミング  |  
「LaTeX」に関連する記事一覧

0  

ドラッグ&ドロップで一気にJPEGからPostScript生成

2012/05/08 00:00

久しぶりにTexを触っています。Texで図に使うPostScriptファイル(.eps)を作るときにPhotoshopなんかでepsを作ろうとしていたんですが、読めないでエラーを吐く状態になってしまいました。

いろいろ調べたところTexで読めるepsファイルを作るにはjpeg2psを使うと良さそうです。

jpeg2psのダウンロード
http://www.pdflib.com/download/free-software/jpeg2ps/

使い方はすごく簡単で

jpeg2ps.exe JPEGファイル名 > 出力ファイル名

とするだけです。例えばfig.jpgをepsに変換したい場合は次のように書きます。

jpeg2ps.exe fig.jpeg > fig.eps

ついでに複数ファイルを一度にドラッグアンドドロップで変換できるバッチファイルを作ったので中身を記しておきます。これをコピーしてテキストファイルにペーストし、jpeg2ps.batとかのファイルで保存すれば、後は複数のJPEGファイルをそのバッチファイルにドラッグアンドドロップするだけで一気に複数ファイル変換が行えます。


echo off
:start
if "%1"=="" goto end

set inputname=%1
set epsname=%inputname:.jpg=.eps%
jpeg2ps.exe %1 > %epsname%

shift
goto start
:end

LaTeX multicolsの中でfigureやtableを使う方法

2012/03/10

学会に論文を投稿しようと今まであまり使って来なかったLaTeXで論文を書いていたんですが、学会から配布されていたLaTeXテンプレートがmulticolsで2段組にしてありました。

twocolumnを使って2段組にすれば問題なくfigureやtableを使って文章中に図を挿入できるのですが、このmulticolsを使うとfigure*やtable*のように文章と切り離して配置しないと図表が消えてしまう状態になってしまいます。切り離すと好きな場所に図表を挿入できないので困ってしまいます。

調べてみるとどうやら仕様上multicolsはfloat要素となるfigureやtableが使えないということでした。自分でtwocolumnを使ってテンプレートと同じようなデザインを作ろうかとも思いましたが、初心者には難しく、心が折れそうになった頃、解決策の載っているページを見つけることができました。本当に助かりました。

http://www.eng.cam.ac.uk/help/tpl/textprocessing/multicol_hint.html

このサイトは英語なので一応日本語でもここに紹介されている手順を書いておきます。

1. \begin{document}の前に下記を挿入します。


\makeatletter
\newenvironment{tablehere}
  {\def\@captype{table}}
  {}

\newenvironment{figurehere}
  {\def\@captype{figure}}
  {}
\makeatother

2. figureやtableの代わりにfigurehere, tablehereを使う。例えば、


\begin{figure}[h]

...

\end{figure}

\begin{table}[h]

...

\end{table}

と書く代わりに


\begin{figurehere}

...

\end{figurehere}

\begin{tablehere}

...

\end{tablehere}

というように書くとmulticolsでも挿入したい個所に図表を挿入できます。

0  

にほんブログ村 ゲームブログ ファイアーエムブレムへ にほんブログ村 デザインブログ コンピュータグラフィックスへ

0.0265 sec

Copyright(C)2006-2018 wsp All Rights Reserved