[FEH] FEHを1ヵ月休止してみた結論

2020/10/14
feh 

FEH を休止して1ヵ月が経過しました。結局休止記録は途中でサボってしまいました。一応書いていたんですが、色々今まで書きたかったFEHに関する事を書いていたら、異常に長くなってしまい、収拾がつかなくなってそのまま放置してしまいました。日記を書き始めるといつの間にか2時間くらい経っていたりするので私は日記書くの向いていないかもしれません...そのうち、また通常の記事として書き切って供養したいと思います。

さて、FEH を1ヵ月休止してみて、色々と気づくことがありました。結論としては FEH を引退しないことにしました。これまでの休止記録にも書きましたが、私にとって FEH はツール開発や創作など、創造的活動のモチベになっている点については大きなメリットであると感じています。ここを重視するスタイルで付き合っていくことにしました。

  • FEH はスマホでなく、自宅のタブレット端末にインストールする(外ではプレイしない)
  • FEH プレイよりも、研究することを楽しむ
  • 恒常コンテンツやイベントは研究に必要な時、もしくはやりたいときだけプレイする(義務感でプレイしない)
  • 無償オーブに固執しない(ログボや報酬を気にしない)
  • どうしても欲しいキャラは課金して入手する
  • スマホアプリの通知は切る
  • Twitter は調べもの、記録、情報発信など、目的を決めて利用する

このようなルールを決めて復帰しようと思います。FEH プレイヤーとしては半引退みたいな感じになりますが、今後は FEH ガチ研究家にでもなろうと思います。

なぜ引退しないことにしたかについて、その理由も記しておきます。

まず、飛空城シミュレーターの更新作業が負担になっていた悩みについては、私以外がスキル実装や不具合修正をできるような環境を整えることができて、新スキル実装の義務感からは解放されました。多少のプログラミング知識は必要になりますが、こちらの記事に書いたように、必要になった人が自分で実装できるようになりました。共同開発の試験に付き合ってくださったフォロワーさんには本当に感謝です。放置していた自動攻略の実装を再開する程度には開発のモチベが回復しました。

次に義務感によるゲームプレイで不毛な時間を過ごしてしまっていた問題について。前半の休止記録にも書いていますが、FEH を休止して数日の間はものすごく時間ができた感覚で自由になった気がしていました。突然やることがなくなって10時とかに寝ようかなみたいな健康的な生活を送っていました。しかし、しばらく経つとYoutubeで動画見たり、別ゲームをするなど、FEH 以外の娯楽の時間が増えて、結局、自由になった時間を無駄に使う生活に戻ってしまいました。寝る時間も FEH を休止する前とそんなに変わらない時間に戻りました。結局のところ、私は自分の怠惰を FEH のせいにしていただけだったようです。FEH をやめたところであまり意味はなくて、自分の娯楽全般との付き合い方を見直さなければいけない事に気が付きました。

  • 寝る前にYoutubeを観たり、ゲームをしない
  • 布団に入ったらさっさと寝る
  • 朝起きたらYoutube観てグダグダしない
そういう娯楽に時間を浪費してしまう生活習慣から見直さないと意味がないと思いました。そして、FEH については娯楽全般に対する付き合い方を改善すれば、自分にとって有意義なツールになるんじゃないかと思い、最初の方に挙げたような方針を決めました。

私がフォローしている FEH プレイヤーの方々の中には主婦の方々が結構います。その方々は、子育てというとても大変な事と毎日向き合いながら、適度に FEH を遊んでおられます。私は子育て経験はないですが、自己管理だけでもうまくできていないので、更に他人のことも管理しなければいけないのは相当大変なことだというのは分かります。その忙しい中で、ゲームやTwitter を有効なコミュニケーションツール、創作物等の情報発信ツールとしてうまく活用されています。私もそのように娯楽やSNSをうまく活用して、自分にとってプラスになる付き合い方ができるんじゃないかと思いました。目指せ主婦プレイヤー。

と、おおよそ、このような経緯で復帰することに決めました。

以上になります。みなさま、今後ともよろしくお願いいたします。


  このエントリーをはてなブックマークに追加    

<<「ファイアーエムブレム」の記事一覧に戻る

関連記事