オープンソースの高機能楽譜作成ソフト MuseScore

2011/11/25
有名だと思いますが、オープンソースの楽譜作成ソフトであるMuseScore関連のリンクをメモしておきます。

サイト
http://musescore.org/ja

ダウンロード
https://sourceforge.net/projects/mscore/

ソースコード
http://mscore.svn.sourceforge.net/viewvc/mscore/


使い方のTutorial video


同系のソフトとして有名なものにFinaleやSibeliusがありますが、価格は5, 6万円するのでなかなか手が出せないですが、それに比べてMuseScoreはフリーでしかもオープンソースというのは、聞いた感じインパクトがあります。

機能的にどの程度差があるのかはFinaleやSibeliusを使ったことがない私にはわかりませんが、こういうソフトの利点は楽譜がきれいに作れるという点にあると思うので、作曲すること自体は別に楽譜作成ソフトで無理にやる必要はないです。楽譜作成機能だけFinaleなどにひけをとらなくて、かつ、バグが目立たなければ十分楽譜作成ソフトとして価値があります。

作曲、ミキシング、フィルター処理、楽譜作成など複数の機能がひとつのソフトにすべての機能が統合されているから販売価格が高くなっているというのは結構あると思うので、値段の差が質の差とは限らないです。MuseScoreと他の楽譜作成ソフトを比較する場合は印刷用の楽譜作成機能だけに注目して評価すれば良いと思います。

でもやはりオープンソースというのは欲しい機能があった場合になんとか自分で付け加えることができる可能性があるという点でとても魅力的です。プログラムを理解するのは大変ですが、可能性があるだけでもありがたいです。

ひとつのソフトウェアとしては楽譜作成ソフトとしてどの程度使いやすいか、バグがないかという点で評価してみて今後自分の楽曲制作に使うソフトウェアの一つに加えるかどうかを判断したいです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加    

<<「PC/ソフトウェア」の記事一覧に戻る

関連記事