トップ | puarts.com
メモ  |  制作記  |  開発記  |  日常の記録  |  デジタルコンテンツ制作  |  ファイアーエムブレム  |  ゲーム  |  C/C++  |  C#  |  PC/ソフトウェア  |  Web 開発  |  スクリプト言語  |  その他プログラミング  |  
「エラー」に関連する記事一覧

0  

Visual Studio 2017 でデバッグ実行時にエラーが出てデバッグ実行できない

2017/12/28 18:20

Visual Studio 2017 でデバッグ実行時に毎回「プログラム 'C:\Projects\Hoge\x64\Release\Hoge.exe' を開始できません。起動されたオブジェクトはクライアントから切断されました。」というエラーダイアログが出るようになってしまいました。同じエラーに遭遇した人のために解決方法をメモしておきます。

Visual Studio 2010 64 bit アプリケーション作成時に遭遇したエラーと対処法

2011/06/11

Visual Studio 2010でC++ 64 bitアプリケーションを作る際に下記のようなエラーが出てつまづいてしまったので同じようなエラーで躓いてしまった方の参考になるよう、そのときの解決策を記しておきます。

エラーメッセージ
TRACKER : error TRK0005:

原因はVC++用のパスがうまく通っていないことが考えられます。私の場合、下のエラーを解決したら、こちらも解決したので下の解決策を参考にして下さい。

エラーメッセージ
TRACKER : error TRK0002:

下記のようなパスのamd64コンパイラ用の環境変数を設定するバッチファイルを起動すると、このようなエラーが出てしまうことがあるみたいです。

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\VC\bin\amd64\vcvars64.bat

下記のパスにある32bitと64bitのクロスコンパイラ用に環境変数を設定するバッチファイルを起動してからVC2010をuseenvオプション指定で起動したら私の場合は解決できました。

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\VC\bin\x86_amd64\vcvarsx86_amd64.bat

実際に書いたVisual Studio起動用のバッチファイルの中身も載せておきます。パスは同じとは限らないのでそれぞれの環境で直して使ってください。

call "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\VC\bin\x86_amd64\vcvarsx86_amd64.bat"

"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\devenv.exe" /useenv


Adobe 文字エンジンが初期化できないエラー解決法

2011/04/03
PhotoshopなどのAdobe系ソフトでテキストを挿入し用途したら下記のような文字エンジンの初期化が妨害されて操作が完了できないといったメッセージエラーが出て文字が挿入できないことがあります。

sometimes, following error message appears and could not complete insertion of text in Adobe software.


Error Message
Could not complete your request because something prevented the text engine from being initialized



このエラーは以下の方法で解決するようです。

解決法
1. Adobe系のアプリケーションをすべて閉じる
2. ユーザディレクトリ > AppData > Local > Adobe > TypeSupport
3. TypeSupport内のファイルをすべて削除する

How to solve this error message
1. Close all adobe applications
2. Open Currrent user directory > AppData > Local > Adobe > TypeSupport
3. Delete everything inside the TypeSupport Folder
 

Reference
http://www.thescube.com/tutorials/could-not-complete-your-request-
because-something-prevented-the-text-engine-from-being-initialized/

ディスククラッシュ、chkdskコマンドでなんとか復旧

2010/05/05

本日、外付けハードディスクがクラッシュしました。

ディスクの中には大事な研究データや、今まで作った楽曲や映像などのプロジェクトデータなどが入っていました。かなり、絶望的な気分になりました。

今回のクラッシュは、ファイルシステムの破損により、ディスクにアクセスできなくなるというものでした。
エクスプローラではディスク自体は認識されるものの、0バイトと表示され、利用するにはフォーマットが必要ですと、ディスクのフォーマットを促されます。

しかし、データは破損していないので、ファイルシステムさえ元に戻せれば、ディスクを復旧できるため、フォーマットなんてする必要はありません。

以下がコマンドプロンプトからディスクを復旧する手順です。

コマンドプロンプトからクラッシュしたディスクを復旧する
1. Windowsキー+rでファイル名を指定して実行ウインドウを開きます

2. cmdと入力して、コマンドプロンプトを開きます。

3. chkdskコマンドを実行します。復旧したいディスクドライブをGドライブとすると、

chkdsk g: /f /r

Hドライブだとすると、

chkdsk h: /f /r

という風に入力して、Enterキーで実行します。
このchkdskコマンドはディスクの検証と修復を行うコマンドで

/Fオプション → ディスクのエラーを修復する
/Rオプション →  不良セクタを見つけ,読み取り可能な情報へ回復する

というオプションを利用すると、ディスクのエラーを自動的に修復してくれます。

データの物理的な破損でなければ、これで大抵は元に戻るようですので、ハードディスクがクラッシュして、ディスクにアクセスできなくなっただけの場合は、一度試してみると良いと思います。

私も今回はこの方法で治り、一安心しましたが、バックアップだけはとっておくようにしようと思いました。

0  

にほんブログ村 ゲームブログ ファイアーエムブレムへ にほんブログ村 デザインブログ コンピュータグラフィックスへ

0.0282 sec

Copyright(C)2006-2018 wsp All Rights Reserved