ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
「PC/ソフトウェア」に関連する記事一覧

Visual Studio 2010 64 bit アプリケーション作成時に遭遇したエラーと対処法

2011/06/11
(この記事の文字数: 787)

Visual Studio 2010でC++ 64 bitアプリケーションを作る際に下記のようなエラーが出てつまづいてしまったので同じようなエラーで躓いてしまった方の参考になるよう、そのときの解決策を記しておきます。

エラーメッセージ
TRACKER : error TRK0005:

原因はVC++用のパスがうまく通っていないことが考えられます。私の場合、下のエラーを解決したら、こちらも解決したので下の解決策を参考にして下さい。

エラーメッセージ
TRACKER : error TRK0002:

下記のようなパスのamd64コンパイラ用の環境変数を設定するバッチファイルを起動すると、このようなエラーが出てしまうことがあるみたいです。

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\VC\bin\amd64\vcvars64.bat

下記のパスにある32bitと64bitのクロスコンパイラ用に環境変数を設定するバッチファイルを起動してからVC2010をuseenvオプション指定で起動したら私の場合は解決できました。

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\VC\bin\x86_amd64\vcvarsx86_amd64.bat

実際に書いたVisual Studio起動用のバッチファイルの中身も載せておきます。パスは同じとは限らないのでそれぞれの環境で直して使ってください。

call "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\VC\bin\x86_amd64\vcvarsx86_amd64.bat"

"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\Common7\IDE\devenv.exe" /useenv



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「PC/ソフトウェア」の記事一覧に戻る

<<「PC/ソフトウェア」の次の記事
「PC/ソフトウェア」の前の記事 >>

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.0058 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved