トップ | puarts.com
メモ  |  制作記  |  開発記  |  日常の記録  |  デジタルコンテンツ制作  |  ファイアーエムブレム  |  ゲーム  |  C/C++  |  C#  |  PC/ソフトウェア  |  Web 開発  |  スクリプト言語  |  その他プログラミング  |  
「PC」に関連する記事一覧

0  

液タブ Cintiq 13HD DTK-1300 購入

2015/03/01

そんなに絵を描くわけではないですが、興味本位で液晶ペンタブレット Cintiq 13HD DTK-1300 買いました。

通常のディスプレイの手前に配置すると、動画を見ながらの、ながらプログラミングに最適化なことを発見。

ノートPCと合わせて持ち運べるデュアルディスプレイとしても活躍してくれそうです。

セキュリティ設定変更によるドライブへのアクセス拒否状態の解消法

2012/07/07

先日からDドライブにアクセス許可がありませんと表示されてアクセスできなくなってしまいました。ディスクが寿命で調子悪くなっていたのでそれのせいかと思っていましたが、なぜかディスクチェックをしてもエラーが検知されなかったので、原因を調べてみたら、単にセキュリティ設定が何らかのタイミングで変わってしまっていただけでした。ということで、そのときのセキュリティ設定の確認方法と、解決法を記しておきます。

セキュリティ設定の確認

1. すべてのコントロールパネル項目から管理ツールを開きます。

2. コンピュータ管理を開きます。

3. ディスクの管理を開き、対象のドライブで右クリックをし、プロパティを開きます。(管理ツールからでなくてもマイコンピュータのドライブ一覧から右クリックしてもプロパティを開けますが、セキュリティ設定の変更を行う場合は、自分に権限がない場合はうまくいかなくなってしまうので、一応システム側の権限からということで管理ツールを経由するように書いています)

4. プロパティダイアログのセキュリティタブを開き、グループ名またはユーザ名の項目に正しいユーザが表示されているか確認します。正常に動作しているドライブと比較して足りないものがあれば、同じものを追加する必要があると考えていいと思います。この項目が正しいドライブと同じ場合であればアクセス許可を正しく設定すればドライブにアクセスできるようになるはずです。足りないものがある場合は下記の操作で足りない項目を追加します。



グループ名またはユーザ名の追加

1. セキュリティタブの編集ボタンをクリックします。

2. 追加ボタンをクリックします。

3. 詳細設定ボタンをクリックします。

4. 検索ボタンをクリックします。

5. リストアップされた項目から追加したいグループ名、ユーザ名を選択し、OKボタンをクリックします。

6. OKボタンをクリックします。

7. 新しく加わったグループまたはユーザ項目のセキュリティ設定を正しく設定し、適用ボタンをクリックすると、セキュリティ設定の変更が開始されます。セキュリティ設定の変更が終了したら、ドライブにアクセスできるようになります。

アンダースコア '_' とハイフン '-' の使い分けについて

2012/06/02
PC 

ファイル名をつけるときにハイフン '-' とアンダースコア '_' をどのように使い分けたら良いのかとふと疑問に思ったので調べてみました。

  • SEOやファイルシステムにおいてアンダースコアは前後の言葉を連結させるが、ハイフンは前後の言葉を異なるものとして分離
  • ハイフンはISO規格に沿った文字列でないので、DVD-Videoや音楽CD内の文字列に使用不可

つまり、まず前提条件としてハイフンを使っても問題がない状態なのかを考え、問題があればアンダースコアのみを使い、問題がなければ繋がったひとつの単語を見やすくするのにハイフンを使い、意味の違う言葉を分離するためにアンダースコアを使うのが一般的な意味合いという風にとらえればよさそうです。

Source:
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2491761.html
http://clockmaker.jp/blog/2009/06/file-rename/
http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=76329&topic=2370420&ctx=topic

USBが認識されなくなる

2011/01/09
PC 

昨日、突然私のPCのUSB端子が一切OSに認識されなくなりました。マウスもキーボードもUSB接続のものを使っていたため、原因を探ろうにも何もコントロールができないという困った事態です。
バイオス設定画面ではUSBキーボードが効いたので、おそらくOSのUSBドライバに問題が起こったんだと思います。

USBが主流になっているとは言え、USBに依存しすぎるとそれが駄目になったときにどうしようもなくなるので、最低PS/2接続のキーボードとマウスは所持しておくべきだと思いました。仕方なく大学まで行って研究室からPS/2接続のキーボードを借りてきました。

デバイスマネージャを開くと、ユニバーサルシリアルバスコントローラの項目にあるはずのUSB用のデバイスがほとんど消えていました。
こうなった原因はよくわかりませんが、とにかくこれは深刻な事態です。

幸いにもその前日にシステムのバックアップを取っていたので、そのデータで正常なときのシステムを復元できました。

システムのバックアップはこまめに取るということは本当に大事だと実感しました。

今回の教訓を生かし、今まで使っていたUSB接続のキーボードとマウスはやめて、PS/2接続のキーボードとマウスに買い換えようかと思います。そうすれば、USBポートも空きますし一石二兆ですね。そもそも、USBよりもPS/2の方がハードウェア的にシンプルな構造のようなので、こちらの方が標準入力デバイスとしては型にはまっている気もします。

LIMBO

2010/12/23

私はゲームはあまりやらないんですが、デンマークのplaydeadというゲームスタジオが作った『LIMBO』というゲームの世界観が気になったので紹介します。少年が不思議な世界で妹を捜すゲームのようです。モノトーンでダークな世界観ですが、その不思議な雰囲気が個人的に好きです。
シンプルな2Dゲームという点もこういった不思議な世界観をより没入できるものにしてくれます。

I want to introduce "LIMBO" which is game made by an independent game studio Playdead in Denmark. The aim of this game is finding sister of a leading character boy. This view make me fantasic feeling so match, is very attractive for me. It is also good that this game is based on simple 2D game.

reference
http://www.limbogame.org/
http://blog.esuteru.com/archives/696431.html

Let's noteから音が出なくなる現象

2010/10/21

私はノートパソコンにPanasonic Let's note(CF-S9)を使っています。OSはWindows 7 64bitです。

先日、このLet's noteにて突然音が出なくなる現象が起こりました。サウンドデバイスはちゃんと正常に動作していますし、ミュートになっているわけでもありません。
再起動しても駄目ですし、イヤホンなどを抜き差ししても駄目でした。

最後に音が鳴ったときはいつだったかを思い出すと、ちょうどパソコンを畳んで放置する前でした。
しばらくパソコンを閉じていて、休止モードになったのを再開してから音が出なくなったのです。

そこで、もう一度同じことをしてみました。

PCの蓋を閉じて、休止モードになったら再開。

すると、何事もなかったかのように音が出るようになりました。

これはOSの問題なのでしょうか、Let's noteの問題なのでしょうか。
たまたま私のPCだけこのようになってしまうのでしょうか。

もし、他のLet's note(CF-S9)も同じようなことが起こるなら、結構致命的な欠陥のような気がします。

ハードウェア予約済みメモリ領域が3GB?

2010/10/04
先日、私のマシンのメモリ領域がハードウェア予約済みで3361MBも占有されていることにふと気がつきました。ちなみにOSはWindows 7 64bitです。


ハードウェア予約で3GBもメモリを占有するのはおかしいと思い、いろいろ調べましたがなかなか原因がわかりませんでした。

BIOSをアップデートしてみたり、メモリを一度外してみたりしましたが駄目でした。

最終的にBUFFALOのRAMDISKユーティリティが原因ではないかと考え、一度RAM Diskの使用をやめてみたところ、ハードウェア予約済み領域は2MBに減りました。


これでとりあえず、メモリが無駄に占有されている状態からは回避できました。この後、再びRAM Diskを設定しなおしてみましたが、以前のように3GBも占有されるようなことはありませんでした。


RAM Diskがどういうタイミングでなぜこのように大量のメモリを占有するようになってしまったのかはよくわかりませんが、とりあえずハードウェア予約積み領域がやたらに多い場合はRAM Diskを疑ってみると解決する可能性があるということはわかりました。

デスクトップPCにSSDを導入

2010/08/15
PC SSD 
デスクトップPCについにSSDを導入しました。

2万8千円程度でRealSSD C300 CTFDDAC128MAG-1G1を購入しました。

realSSD.jpg

デスクトップPCのシステムドライブとして利用が目的だったので、最低128GBは必要だと思い、値段が比較的安価なこの製品を購入しました。

まず、届いたときにあまりの軽さに驚きました。
本当に箱の中身入ってるか少し不安になったくらいです。

そして、早速今までのシステムドライブをコピー...

と思ったのですが、コピーしてもうまく起動できませんでした。ブートローダ関係が原因だと思います。
結局、OSをインストールしなおしました。

おかげで一日潰れましたが、やはりSSDは速い。OSの立ち上がりもデスクトップの表示もあっという間です。
そして、アプリケーションもすぐ立ち上がり、ストレス0です。

今までのシステムドライブWD10EARS(左)とRealSSD C300 CTFDDAC128MAG-1G1(右)のベンチマーク比較です。

myDiskbenchmark.gif ssdBenchmark.gif

ベンチマーク結果からもかなり読み込み、書き込み速度が向上したことがわかります。

もっと早くSSDを買っておけば良かったと思います。

あとは寿命がどのくらいかという問題がありますが、初めから使い捨てのつもりですので、いつディスクがクラッシュしても良いようにシステムデータ以外(ユーザデータなど)はすべて別ドライブに移しておき、システムのバックアップもスケジューリングしておきました。

2年ほど持ってくれれば十分だと思います。

WD10EARSがかなり遅かっただけに、この速度差を体感してしまうと、もう元には戻りたくないですね。
0  

にほんブログ村 ゲームブログ ファイアーエムブレムへ にほんブログ村 デザインブログ コンピュータグラフィックスへ

0.0224 sec

Copyright(C)2006-2018 wsp All Rights Reserved