音楽制作フローメモ

2015/09/04 23:30

最近久しぶりに音楽制作をして、今までやっていた音楽制作フローをかなり忘れていたので、今後また忘れないためにメモしておきます。

1. 音楽ツクールDX + SoundFont(TiMidity + MIDI Yoke) でざっくり作曲。波形データにしたときに各チャンネルのタイミングを合わせられるように曲の一番最初に全チャンネル一音鳴らしておく
2. 曲の各チャンネルをTiMidityの機能を使ってWaveに書き出しておく
3. 音楽ツクールDX + Motif音源で作成した曲を詰めてゆく
4. 曲の各チャンネルを午後のこ~だで録音、デコードしてWaveに書き出す
5. Studio One で今まで書きだした Wave を全部タイミングがあうように並べる、必要があれば各素材を Normalize
→Studio One 使用中は他のソフトで音が再生できなくなるので注意!
6. Studio One で各チャンネルの音量、パンを微調整する
7. Studio One からミックスダウン書き出し
8. 必要があれば Sound Forge などで書きだしたデータにリバーブ、コンプレッサーをかけて完成

Motif 音源関連の個人的メモも残しておきます。

- ドラム音源はPDR030 Drum'nBassが結構好み
- 和太鼓はGMか、PRE4 024のKodo、PRE4 033のDhol
- PRE4 - A, B, C辺りに和風の楽器あり(Yayli、Gagaku、Kawala、Ney、Nomad、Sakura)


  このエントリーをはてなブックマークに追加    

<<「制作記録」の記事一覧に戻る

関連記事