ポリゴン編集系スクリプト実行により Maya がメモリ不足でクラッシュしてしまう問題を回避する | puarts.com
映像・CG・画像処理関連の技術情報、個人作品の創作記録、メモなど
Category

ポリゴン編集系スクリプト実行により Maya がメモリ不足でクラッシュしてしまう問題を回避する

公開日: 2016/06/11 | カテゴリ: Maya | タグ:

Maya の polyCut コマンド等のポリゴン編集コマンドは Undo キューのメモリを多く消費してしまいます。

そのため、MEL でポリゴン編集系のコマンドをループで処理するようなスクリプトを書くと、Maya がメモリ不足で落ちることがあります。

当たり前なのですが、これが原因の場合、Undo を無効化すればメモリ不足が原因で Maya がクラッシュすることを回避することができます。

GUI 上からであれば Window メニュの

Settings/Preferences → Preferences → Settings → Undo

から無効化することは可能です。

ただ、デザイナにスクリプトが実行される前にわざわざ無効化してもらうのは難しいので、下記のようにスクリプトで Undo を無効にしてから、処理後に元の状態に戻してあげるのが良いです。

// 処理をする前に、デザイナに対して、Undo できなくなることを警告して承認をもらうようにした方がいい
// ...

// 今の Undo 有効/無効状態を保存しておく
int $is_undo_enabled = `undoInfo -q -state`;

// Undo を無効化
undoInfo -state off;

// ...
// ポリゴン編集系のコマンド処理
// ...

// Undo 有効/無効状態を処理前に戻す
undoInfo -state $is_undo_enabled;

これの弊害により、当然スクリプトで実行される処理が戻せなくなるので、処理前にポリゴンをデュプリケイトしてバックアップを取るなりしておくのが良いです。


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

にほんブログ村 デザインブログ グラフィックアートへ
Links

参考になりそうなブログやサイトを見つけたら勝手にリンクを貼らせてもらっています。
リンク削除を希望の場合はお手数ですがメールにてご一報下さい。
Ke-Sen Huang's Home Page        Disney Research        VIDEO COPILOT        AbandonedArt.org
ryoji ikeda        チームラボ        トルク with AR三兄弟        DAITO MANABE

Copyright(C)2006-2017 wsp All Rights Reserved