ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
「デジタルコンテンツ制作」に関連する記事一覧

MEL ポリゴン穴埋めで新規追加されたポリゴンに別のマテリアルを割り当てる

2016/06/11 11:10
(この記事の文字数: 142)
MEL 

polyCloseBorder でポリゴンモデルの穴を埋めて、穴埋めのために新しく追加されたポリゴンには lambert1 を割り当てる MEL スクリプトです。

画像のように、ポリゴンモデルをバラバラにするモデル分割スクリプトなどで割れ目に別のマテリアルを割り当てたい場合に応用できます。


global proc FillHoleAndAssignInitialMaterial(string $target_name)
{
    int $prev_face_counts[] = `polyEvaluate -face $target_name`;
    polyCloseBorder -ch false $target_name ;
    int $face_counts[] = `polyEvaluate -face $target_name`;
    int $diff_count = $face_counts[0] - $prev_face_counts[0];
    if ($diff_count == 0)
    {
        return;
    }
    
    int $added_first_index = $prev_face_counts[0];
    int $last_index = $face_counts[0] - 1;
    sets -e -forceElement initialShadingGroup ($target_name+".f["+$added_first_index+":"+$last_index+"]");
}

使用例


string $selected[] = `ls -sl`;
FillHoleAndAssignInitialMaterial($selected[0]);


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「デジタルコンテンツ制作」の記事一覧に戻る

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.0079 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved