ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
「デジタルコンテンツ制作」に関連する記事一覧

Maya 連番Objファイルをエクスポートするスクリプト

2015/07/15
(この記事の文字数: 234)

毎回自作プログラムに.objのジオメトリアニメーションをロードするために、Mayaから1フレームずつモデルをエクスポートするのが面倒だったので、.obj形式の連番ファイルをエクスポートする Python スクリプトを書きました。

誰かの役に立つかもしれないので貼っておきます。

選択中のモデルを現在のタイムスライダーの区間内すべての整数フレームでobjエクスポートします。 オプションは全部オフにしてあるので、必要であれば、export_optionsの文字列を編集して下さい。


import maya.cmds as mc;
import maya.mel as mel;

def ExportSelectionAsObjFileForAllFrames(export_dir, file_name_without_ext):
	min_time = mc.playbackOptions(minTime=True, q=True);
	max_time = mc.playbackOptions(maxTime=True, q=True);
	export_options = "groups=0;ptgroups=0;materials=0;smoothing=0;normals=0";
	for frame in range(min_time, max_time + 1):
		mc.currentTime(frame);
		file_path = "%s/%s-%04d.obj"%(export_dir, file_name_without_ext, frame);
		mc.file(file_path, force=True, options=export_options, typ="OBJexport", pr=True, es=True);

export_dir = "D:/Oputputs";
file_name = "object";
ExportSelectionAsObjFileForAllFrames(export_dir, file_name);

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「デジタルコンテンツ制作」の記事一覧に戻る

<<「デジタルコンテンツ制作」の次の記事
「デジタルコンテンツ制作」の前の記事 >>

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.0078 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved