Voronoi分割による破壊モデル生成Mayaプラグインの開発記録 その1

2012/07/17

ポリゴンを与えられた2点の中心を通る面で分割するMayaのプラグインを作りました。MayaのCut face toolの超劣化版のようなもので、現段階では何の役にも立たないプラグインです。

元の三角ポリゴン


分割後

しかし、このプラグインではMaya APIに入っているsplitなどの便利機能を使わずに、頂点やエッジ配列の中身を操作を自分で使った機能のみを使って作っています。ここがみそです。つまり、ソースコードにブラックボックスになっている箇所がなく透明な状態なので、プログラムの最適化が可能になり、高速化がしやすくなります。加えて、Maya以外のツールでも同じ機能の開発ができるという点も自作のメリットとしてあります。現状のままだと、何の役にも立たないプラグインですが、最終目標は高速なVoronoi分割プラグインの開発です。完成はいつになるかわかりませんが、仕事終わりなどにのんびり開発を進めてゆきます。

ちなみにたったこれだけのことですが、0から書くと500行くらいのコードになりました。Mayaで普段扱っているような簡単なポリゴン操作機能でも、簡単そうに見えて意外と実装が難しいものだということがよくわかります。


  このエントリーをはてなブックマークに追加    

<<「開発記録」の記事一覧に戻る

関連記事