ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
「開発記録」に関連する記事一覧

顕著性マップ(Saliency Map)でウンダムの目立ち度を計る

2012/09/02
(この記事の文字数: 609)

顕著性マップ(Saliency Map)と呼ばれるイメージの中の目立つ度合いを表したマップを生成するプログラムを研究で使えそうだったので作りました。ソースコードを公開しているサイトなどがいくつかあったのですぐに作れました。ありがたいです。

作ったプログラムでお台場合衆国 めちゃイケサービスエリアにいたウンダムの画像の顕著性マップを生成してみます。

元画像

顕著性マップ

人間が見てもわかりますが、やはりこの画像の中ではウンダムがかなり目立っていることが顕著性マップからもわかります。

その他にもいくつかの画像で試してみましたが、いい感じのものもあれば、微妙なものもありました。結局パラメータ調整次第ということになるので、利用する用途に応じてパラメータを調整する必要がありそうで、もう少し汎用性を高めるためにはもう一工夫必要そうです。

A model of saliency-based visual attention for rapid scene analysis
http://papers.klab.caltech.edu/241/1/121.pdf

Algorithm Site - 顕著性マップ
http://fussy.web.fc2.com/algo/algo12-3.htm

Akisato Web Site Annex - Saliency mapをOpenCVで実装する
http://pub.ne.jp/akisato/?entry_id=3970170


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「開発記録」の記事一覧に戻る

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.007 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved