ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
「ソフトウェア開発」に関連する記事一覧

C++ 最近傍探索法による画像拡大縮小サンプル

2011/12/15
(この記事の文字数: 277)
最近傍探索(Nearest Neighbor Search)法で画像をスケーリングするtemplate関数のサンプルコードを載せます。

最適化を試みましたが、結果的にコンパイラの自動最適化に速度が勝てなかったので、最適化前のコードを載せます。最も効率の良い書き方があるかもしれません。

引数
in_src:  元画像データの1次元配列
src_width:  元画像の横解像度
src_height:  元画像の縦解像度
num_channels:  画像のチャンネル数
o_dst:  出力画像データの1次元配列
dst_width:  出力画像の横解像度
dst_height:  出力画像の縦解像度



template<typename T> void ScaleImageNearestNeighbor(

         const T *in_src, int src_width, int src_height, int num_channels,

                                                              T *o_dst,         int dst_width, int dst_height

){

         float scale_w = src_width/static_cast<float>(dst_width);

         float scale_h = src_height/static_cast<float>(dst_height);

         int dst_size = dst_width * dst_height * num_channels;

         int src_size = src_width * src_height * num_channels;

        

         {

                  int x, y, c, i_dst, i_src;

                  int yw_src, yw_dst;

                  //** unoptimized code ----------------------- 

                  for(y=0; y<dst_height; ++y){

                           yw_src = static_cast<int>(y*scale_h)*src_width;

                           yw_dst = y*dst_width;

                           for(x=0; x<dst_width; ++x){

                                    i_dst = (yw_dst + x) * num_channels;

                                    i_src = (yw_src + static_cast<int>(x*scale_w)) * num_channels;

                                    for(c=0; c<num_channels; ++c){

                                             o_dst[i_dst+c] = in_src[i_src+c];

                                    }

                           }

                  }

         }

}



  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「ソフトウェア開発」の記事一覧に戻る

<<「ソフトウェア開発」の次の記事
「ソフトウェア開発」の前の記事 >>

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.0092 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved