MEL スクリプトで menalray レンダリングを行う

2016/07/20
MEL 
(この記事の文字数: 188)

どうしても MentalRay のバッチレンダリングがうまくいかない重い Maya シーンがあったので、MEL で無理やり1フレームずつずらして MentalRay のプレビューレンダーを行う方法で何とかレンダリングしました。無事レンダリングできて良かったです。

以下は 1 から 260 フレームまでを MentalRay でレンダリングする MEL スクリプトです。


for($frame = 1; $frame <= 260; ++$frame)
{
     currentTime -e $frame;
     Mayatomr -preview;
}

レンダリングした画像はデフォルトでは以下のディレクトリに書き出されます。

プロジェクトディレクトリ/images/tmp

このアプローチには昔も助けられたことがありました。知っているといざという時に役立ちます。スクリプトが柔軟に使えるソフトって本当に便利だと痛感します。


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「デジタルコンテンツ制作」の記事一覧に戻る

コメント(0 件)


関連記事