ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
「デジタルコンテンツ制作」に関連する記事一覧

MEL 面を定義する頂点リストをint配列で取得

2012/06/04
(この記事の文字数: 284)

ポリゴンの面を定義する頂点をint配列で取得したかったのですが、MELのpolyInfoコマンドでは返ってくるstring配列に余計な文字列が入って、そのままではすぐに使えないので、フェースを定義する頂点をint配列で返す簡易的なロシージャを書きました。


global proc getFaceToVertexList(int $o_res[], string $target_name){
	string $fvs[] = `polyInfo -fv $target_name`;
	int $fnum = size($fvs);
	
	string $vs[];
	int $i, $j, $vnum;
	clear $o_res;
	int $cnt=0;
	for($i=0; $i<$fnum; ++$i){
		tokenizeList($fvs[$i], $vs);
		$vnum = size($vs);
		for($j=2; $j<$vnum; ++$j){
			$o_res[$cnt] = $vs[$j];
			++$cnt;
		}
	}
}

使用例

int $fvlist[];
getFaceToVertexList($fvlist, "pPlane1");

こういうのが標準で入ってないなんて変な気もします。知らないだけなのかもしれないですが。そもそも使っているMayaのバージョンがやや古いので新しいバージョンのMayaには入っていたりするかもしれないですね。


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「デジタルコンテンツ制作」の記事一覧に戻る

<<「デジタルコンテンツ制作」の次の記事
「デジタルコンテンツ制作」の前の記事 >>

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.0071 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved