ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
個人制作している映像や音楽、インタラクティブアート等の制作記録です。

レンダリングしながら作業するときに動作を軽くする方法

2011/07/28
(2018/11/09 最終更新)
(この記事の文字数: 616)

3DCGソフトを使っていて連番のレンダリングをかけるときは処理をレンダーファームに投げるのが普通なのでしょうが、レンダーファームが一杯だとかネットワークがうまく繋がらないとかいうトラブルで自分のPCでレンダリングしなければならないというときはよくあります。

しかし、レンダリングを自分のPCで作業すれば当然相当な付加がPCにかかり、他の作業もろくにできなくなってしまいます。

そんなときに他の作業を割とスムーズに行えるようにする手法を紹介します。

手法というか本当に単純なことなのですが、レンダリング処理を行っているプロセスの優先度を下げてやる方法です。

例えばMayaの場合はmayabatch.exeの優先度を下げてやります。Windowsであればタスクマネージャから優先度の設定を行えます。

これだけで他の作業はかなりスムーズに行えるようになります。Mayaの場合しか試してませんが、他の3DCGソフトでも多分同じくらい軽くなるはずです。

レンダリングが遅くなってしまうのではないかという心配もありますが、私が経験する限りではそんなに時間も変わりませんでした。もちろん、他にも重い処理をさせてしまえば話は別なのでしょうが、メール見たりネットサーフィン、3DCGソフトでちょっとした操作くらいなら全然平気です。

単純なことだけど意外と気づかないことかと思うので、自分のPCでレンダリングをかける羽目になってしまったら是非一度試してみて下さい。


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「制作記録」の記事一覧に戻る

<<「制作記録」の次の記事
「制作記録」の前の記事 >>

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.0071 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved