MELメモ メッシュの頂点座標全て取得

2010/11/18
(この記事の文字数: 422)
MELでxformコマンドにワイルドカードを使えば簡単にオブジェクトの持つ頂点などの座標をすべて取得できるんですね。
こんな初歩的なことに今更気づくとは。メモしておきます。


string $objName = "pSphere1";

vector $apos[] = `xform -q -ws -t ($objName+".vtx[*]")`;


ただ、vector配列で取得したあとに

$apos[0].x

のように使えないのが不便です。なぜこれができない仕様になっているのか理由が不明です。
調べても良い方法が見つからなかったのでvector配列から要素を取得するときは、次のようにわざわざシングルのvectorに入れなおしてからやってます。


vector $va = {<<0,0,0>>,<<0,0,0>>};

vector $v;

$v = $va[0];

print $v.x;


何か他に直接vector配列から要素を取得する方法があるのでしょうか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「デジタルコンテンツ制作」の記事一覧に戻る

コメント(0 件)


関連記事