ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
「デジタルコンテンツ制作」に関連する記事一覧

MEL 省略されたコンポーネント名を分解するコマンド

2011/08/25
(この記事の文字数: 538)
MELで選択しているコンポーネントをlsで取得すると省略系で名前が取得できますが、これを分解するコマンドをよく忘れてしまうのでメモしておきます。

例えばpolyという名前のポリゴンモデルの頂点を頂点番号0から10まで選択してls -slを実行すると

poly.vtx[0:10]

という名前で頂点群の名前が返ってきます。このままではループ処理などで使えないので、この名前を分解するためにfilterExpandというコマンドを使用します。

string $sels[] = `ls -sl`;
string $vtxs[] = `filterExpand -sm 31 $sels`;
print($vtxs);


Result
poly.vtx[0]
poly.vtx[1]
poly.vtx[2]
poly.vtx[3]
poly.vtx[4]
poly.vtx[5]
poly.vtx[6]
poly.vtx[7]
poly.vtx[8]
poly.vtx[8]
poly.vtx[10]


-smオプションはセレクションマスクの指定で、頂点やエッジなどのいろいろなコンポーネントが対象に混ざっている場合に特定のコンポーネントのみにフィルタリングしてくれます。

セレクションマスクIDは次の表の通りです。

オブジェクト タイプ マスク
ハンドル 0
Nurbs カーブ 9
Nurbs サーフェス 10
Nurbs カーブ オンサーフェス 11
ポリゴン 12
ロケータ XYZ 22
方向ロケータ 23
ロケータ UV 24
Control Vertex (CV) 28
エディット ポイント 30
ポリゴン頂点 31
ポリゴンエッジ 32
ポリゴン フェース 34
ポリゴン UV 35
サブディビジョン メッシュ ポイント 36
サブディビジョン メッシュ エッジ 37
サブディビジョン メッシュ フェース 38
カーブ パラメータ ポイント 39
カーブ ノット 40
サーフェス パラメータ ポイント 41
サーフェス ノット 42
サーフェス範囲 43
トリム サーフェス エッジ 44
サーフェス アイソパラム 45
ラティス ポイント 46
パーティクル 47
スケール ピボット 49
回転ピボット 50
セレクション ハンドル 51
サブディビジョン サーフェス 68
ポリゴン頂点フェース 70
NURBS サーフェスのフェース 72
サブディビジョン メッシュ UV 73
Maya Helpドキュメントより

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「デジタルコンテンツ制作」の記事一覧に戻る

<<「デジタルコンテンツ制作」の次の記事

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.0097 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved