ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
「PC/ソフトウェア」に関連する記事一覧

iCloud使うならOSに関わらずSafariを使うべし

2012/03/30
(この記事の文字数: 987)
iPhoneのアドレス帳が結構乱雑になっていて、いつかは整理しなければなぁと思いながらずっと放置していました。

なので、いろいろひと段落ついた今、そろそろ整理しようかと思い、iCloudを利用してアドレス帳をPC側で編集し、iPhoneに反映させようと思ったのですが、ブラウザの違いによるiCloudのパフォーマンスの違いに驚きました。

私は普段インターネットをするのにGoogle Chromeを利用しているので、初めにiCloudをChromeで使ってみました。すると、日本語が入力できなくなるなどのバグが発生してしまいました。

次にIEを試したところ文字入力に関するバグは減ったものの、動作がすごく重くなってしまいました。特にスクロールする動作が異常に重くてストレスが溜まります。特殊文字が途中で入力できなくなるなどのバグも発生しました。

そこで、PCには入れていなかったSafariをわざわざインストールして使ってみたところ、動作がさくさくでバグもない。これほどまでにパフォーマンスが違うとは思わなかったので驚きました。

アップルはアップル製品ユーザにSafariを使わせるよう、わざとそうしているのだろうかと思わせるほどの違いです。iCloudを使うときはSafari以外を使うことが考えられなくなりました。

もしかしてOSもMacならさらに動作が軽快になるのでは?とすら思わせられます。

私はPCで利用するならOSはWindowsが便利だと思って生きてきましたが、スマートフォンへの依存度が大きくなってきた今では、スマートフォンとPCの親和性というのはOSを選ぶ上で大きな要因のひとつとなっていることに気がつきました。あまりにスマートフォンとPCの親和性にOSごとに差が出てしまえば、メインOSを切り替えるということもあり得るなと感じます。

ただ、開発面では完全にVisual Studioに依存してしまっているので、開発ではWindows、生活ではMacという風に使い分けるのが良いかもしれません。

とにかく、現状ではiCloudを活用する際はブラウザにSafariを使うべきというのは、どのOSを使っているかに関わらず言える事だと思います。Safariを使ってiCloudのアドレス帳を編集しているときは、本当にこんな便利なもの作るなんてアップルすごい会社だなぁと心から思います。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「PC/ソフトウェア」の記事一覧に戻る

<<「PC/ソフトウェア」の次の記事
「PC/ソフトウェア」の前の記事 >>

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.0081 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved