ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
「デジタルコンテンツ制作」に関連する記事一覧

Maya Ctrl + a で AttributeEditor が手前に来るようにする

2015/04/27
(この記事の文字数: 450)

Maya 2011辺りから?MayaのUIがQtになった辺りでAttributeEditorがドッキングウィンドウのフレームワークになって、ドッキングしていない時にCtrl + Aを押した時にAttributeEditorが手間に出てこなくなりました。そのときは相当ウザいと思ったんですが、それ以降Mayaを触る機会があまりなかったのでスルーしてました。

が、最近ちょいちょい触るようになって再びウザいと思うようになり、何とかする方法を見つけたので書いておきます。

下記のMELプロシージャをコールするだけで行けました。記事にするまでもないかもしれませんが、一応他にお困りの方もいるかもしれないので。


openAEWindow;

このプロシージャのコール一行をホットキーエディタでCtrl + aにアサインしたら、私の望み通りの動作になりました。

こちらのサイトの方法でAttributeEditorをドッキングしないようにも出来るんですね。こちらも試してみようかと思います。
http://www.dfx.co.jp/dftalk/?p=7116


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「デジタルコンテンツ制作」の記事一覧に戻る

<<「デジタルコンテンツ制作」の次の記事
「デジタルコンテンツ制作」の前の記事 >>

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.008 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved