ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
「デジタルコンテンツ制作」に関連する記事一覧

MEL 個別にコンポーネント名を取得

2009/06/04
(この記事の文字数: 433)
lsで選択された連続した番号のコンポーネントを個別の番号で返すには、オプションの -fl フラグを使用します。

常識的なことかもしれませんが、私はこのオプションがあることを知らないで、自分で省略されたものを展開するようなスクリプトをわざわざ作ってしまったことがあったので、一応書いておきます。

例えば、

curve1.cv[15] curve1.cv[16] curve1.cv[17] curve1.cv[18]

を選択してから、普通に

ls -sl;

とすると、

// Result: curve1.cv[15:18]

という省略された結果が返ってきてしまいますが、-flをつけると、

ls -sl -fl;
// Result: curve1.cv[15] curve1.cv[16] curve1.cv[17] curve1.cv[18]

というように、すべてのコンポーネント名を個別で取得することが可能です。


簡単なことですが、ポリゴンの形状などを扱うスクリプトなんかを作る時は絶対に知っておく必要があります。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「デジタルコンテンツ制作」の記事一覧に戻る

<<「デジタルコンテンツ制作」の次の記事
「デジタルコンテンツ制作」の前の記事 >>

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.006 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved