ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
「デジタルコンテンツ制作」に関連する記事一覧

MEL オブジェクトの位置を一致させる

2009/08/08
(この記事の文字数: 417)

2つのオブジェクトを違う位置で移動値を初期化しても、初期化する前の座標で移動することで位置を一致させることが可能です。

Mayaでオブジェクトを移動した後にfreeze transformを実行して移動値を初期化すると、

move -ws 0 0 0;

というコマンドを実行しても、3D空間の原点である(0, 0, 0)座標に移動することができなくなります。
ワールドスペースというオプションがついているんだから、初期化とか関係ないんじゃないかなと思うんですが、移動できないのです。

そこで次のオプションを利用します。


move -rpr 0 0 0;

もしくは、


move -spr 0 0 0;

rotatePivotRelativeにすると、rotatePivotの座標からの相対値に移動することが可能になります。sprはscalePivotRelativeという意味です。

よって、translateをfreezeした後でも、rotatePivotやscalePivotの位置を変更していない限り、freezeする前の座標で移動が可能になります。


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「デジタルコンテンツ制作」の記事一覧に戻る

<<「デジタルコンテンツ制作」の次の記事
「デジタルコンテンツ制作」の前の記事 >>

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.0078 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved