ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
「デジタルコンテンツ制作」に関連する記事一覧

Maya パーティクルの初期状態を元に戻す方法

2010/08/11
(この記事の文字数: 528)

MayaのパーティクルはSolvers → initial stateのメニューから現在の状態を初期状態として登録しておくことができます。

しかし、私の知っている限り、これを元に戻すメニューは存在しません。
元に戻すメニューはそのメニュー付近に配置すべきものではないかと思うのですが、なぜか見当たらず、困ってしまった経験があります。

そこでパーティクルの初期状態を元に戻す方法を紹介します。

非常に簡単で、clearParticleStartStateというMELコマンドを実行するだけです。


具体的にはコマンドラインに

clearParticleStartState パーティクル名

と入力して、Enterを押すだけです。

 

その他に調べたら、lifespanを0に設定してもう一度、初期状態を登録するなんていう力技もありましたが、これは初期のパーティクルの数が0になるだけで、その他のパラメータは元に戻りません。

例えば、最初に発生するパーティクルのパーティクルIDが0にならなくなってしまったりします。


しかし、古いバージョンのMayaにはこのコマンドがないのかもしれませんね。

そうしたら、パーティクル数ならともかく、完全にパーティクルの状態を元に戻すのは難しそうです。


  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「デジタルコンテンツ制作」の記事一覧に戻る

<<「デジタルコンテンツ制作」の次の記事
「デジタルコンテンツ制作」の前の記事 >>

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.0081 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved