ロゴ メインコンテンツへ
RSSフィード
「デジタルコンテンツ制作」に関連する記事一覧

Maya 深度(Z-Depth)マップ用レンダーレイヤーの作成

2011/12/17
(この記事の文字数: 457)
mayaではiffやWavefront RLA形式にしてレンダリング設定でdepthをonにすれば、カラー画像とデプス画像を一緒に書き出せます。単独でデプスを書き出すにはSampler Infoをシェイダーのカラーチャンネルに接続したり、白黒グラデーションのramp画像をオブジェクトに投影マッピングしたりしてデプス用のシェイダーを作らなどの方法がありますが、下記のような方法が一番楽にデプス用のレンダーレイヤーを作れそうです。

1. デプスマップを出力したいオブジェクトを含んだレンダーレイヤーを作る
2. 下記コマンドを実行

renderLayerBuiltinPreset linearDepth 深度マップ用レンダーレイヤー名;


Example
renderLayerBuiltinPreset linearDepth layer1;



参考URL
http://www.digitaltutors.com/forum/showthread.php?18685-z-depth-in-Maya-2009-64-bit-Mental-ray

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

<<「デジタルコンテンツ制作」の記事一覧に戻る

「デジタルコンテンツ制作」の前の記事 >>

コメント(0 件)



コンテンツロード: 0.0072 sec
Copyright(C)2006-2024 puarts All Rights Reserved